シンガー・ソングライターのKANと秦基博が23日、YouTubeで“謝罪会見”をプレミア公開し、双方のファンから「同時再生すると1つの曲になる」と話題になっていたKANの「キセキ」と、秦が今年1月に発表した「カサナル」が、のちに合わせると「カサナルキセキ」となることを念頭に、計画的に制作した楽曲だったことを明かし、これまで隠していたことを“謝罪”した。会見の終わりでは、KAN+秦基博名義で「カサナルキセキ」の配信が開始されたことも発表した。

【動画】KAN+秦 基博『カサナルキセキ』謝罪会見 最後にはMVも

 KANのアルバム『23歳』収録曲「キセキ」(昨年11月発売)と、秦のシングル「泣き笑いのエピソード」(今年1月発売)の収録曲「カサナル」。この2曲は、トータルタイムはもちろんのことコード進行も全く同じ。リズムセクションは共通で、それぞれの曲に使われている各楽器やストリングスセクションは2曲が合わさったときにアレンジが最終的に完成するという仕掛けが施されていた。

 歌詞に関しても、2曲とも遠く離れた人への想いがテーマ。それぞれにキーワードが呼応しあい、韻を踏みあっていたり、重なりあう同じフレーズがあり、高度な音遊びとユーモアセンスによって「カサナルキセキ」が完成した。

 双方のファンや音楽評論家の間では、この2曲が「酷似している」「同一曲ではないか」との声が上がっていたものの、2人はこれまで無言を貫き、一切コメントすることなかった。リアルな謝罪会見のような会場に黒のスーツ姿で登場した2人は「しらばっくれていたこと、申し訳ございませんでした」と深々と頭を下げて謝罪。その後、楽曲の成り立ちや仕掛けについて詳細に説明したうえで、配信リリースを発表した。

 KANは「秦くんと共作したい、というのは、数年前からなんとなくありましたが、ただフツーに作ってもなぁ、という思いもあり、とってもメンドクサイ提案をしてみました。そして私たちはそれを丁寧にやり遂げました」と手応え十分の様子。秦も「ようやく皆さんに合体したこの曲を届けられる歓びを感じています」と伝えた。YouTubeでは、新たに撮影されたミュージックビデオも公開となった。

■KANコメント
秦くんと共作したい、というのは、
数年前からなんとなくありましたが、
ただフツーに作ってもなぁ、という思いもあり、
とってもメンドクサイ提案をしてみました。
そして私たちはそれを丁寧にやり遂げました。
お聴きいただく皆さまにとって、
新しく楽しい音楽体験になれることを希望しています。

■秦 基博コメント
KANさんからこの曲の構想を伺った時には
「一体どうなるんだろう」と想像もつきませんでしたが、
その時の答えがこの「カサナルキセキ」です。
ようやく皆さんに合体したこの曲を届けられる歓びを感じています。
ぜひ、お楽しみ下さい。