吉本新喜劇のチャーリー浜(本名:西岡正雄)さんが4月18日に78歳で亡くなったことを受け、お笑いタレント・間寛平(71)が21日、追悼コメントを寄せた。

【写真】2019年…新喜劇60周年イベントに出演したチャーリー浜さん

 寛平は所属事務所を通じ「浜兄さんは僕が新喜劇に入ってきたときは大先輩で、めっちゃ男前やのにかわいらしい人で、大スターやったんですよ。浜兄さんも花紀京兄さんにかわいがってもらってたから、一緒によくお酒飲んだなぁ。短気なところもあったけど、僕にはとても優しい人でした」と、ともに新喜劇で活躍してきた先輩を偲んだ。

 チャーリー浜さんは1962年、吉本新喜劇に入団。新喜劇を中心に、テレビCMや舞台などでも活躍した。代表的なギャグ「…じゃあ~りませんか」はテレビCM出演を機にブームとなり、1991年の『新語・流行語大賞』の年間大賞に選ばれた。1992年には『上方お笑い大賞』金賞を受賞している。今月18日に呼吸不全、誤嚥性肺炎のため、大阪市内の病院で死去。葬儀はすでに近親者のみで執り行われた。