Hondaは22日、車体・パワーユニット共に新設計した新型ロードスポーツモデル『GB350』を発売した。

【写真】レッドやブラックもカッコイイ…Honda『GB350』カラーバリエーション

 同車は、「日常から遠出まで~The Honda Basic Roadster」をコンセプトにライダーの経験やスキルを問わず、「自由」であることの楽しさや豊かな体験を提供するモーターサイクルを目指して開発。

 スチールのしなやかさを引き出しながら、縦、横、ねじれ剛性をバランスさせたセミダブルクレードル形式のフレームを採用した車体は、取り回しやすくゆったりとした操縦フィールを追求。またパワーユニットは、力強いトルク感と味わいを実現する、存在感のある直立シリンダーの空冷・単気筒エンジンを搭載。ライダーをサポートする電子制御技術として、路面状況に応じてエンジントルクを制御する『Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)』を採用し、ライダーのアクセル操作をサポートする。

 落ち着きと抑揚が調和したトラディショナルな外観には、シンプルで落ち着いた印象のマットジーンズブルーメタリック、上質感を追求したキャンディークロモスフィアレッド、力強さを感じさせるマットパールモリオンブラックの3色を設定している。