女優の水川あさみが22日、都内で行われた日本製紙クレシアの『スコッティフラワーパック 長持ちトイレットロール』新CM発表会にゲストとして参加。CMでUFOに吸い込まれるシーンを笑顔で振り返った。

【動画】夫婦あるあるに爆笑する水川あさみ

 『スコッティフラワーパック 長持ちトイレットロール』シリーズはパッケージをリニューアル。それに合わせ、水川を起用した新CMを26日から放映開始する。パッケージではコンパクトなサイズでも、今までの12ロール分と同じ長さということを「え!!!」の文字で表現。それを見て驚くあまり、UFOに運ばれても気付かないというシュールな内容となっている。

 完成したCMを見た水川は「とてもユニークで、楽しんで撮影もしていた。UFOに吸い込まれたシーンは、映画のワンシーンみたいで驚きました」と振り返りつつ、UFOに吸い込まれた瞬間は「ワイヤーアクションですね。ワイヤーで吊られています。とてもうれしかったです(笑)。光栄でした」とにっこり。CMのラストは宇宙人に対して“宇宙語”でアピールしているが「宇宙語のようにしている日本語でしたね。初めての経験でした」と照れ笑いを浮かべた。

 トイレットロールやシャンプーなど消耗品を交換したり補充する“交換家事”で夫婦の5組に1組がけんかしたことがあるという調査結果も判明。中でもトイレットロールが1番割合が高く、40代女性の意見として「ちょい残しで交換を回避しようとするのはちっちゃいなと思う」と紹介されると水川は爆笑。リアルな声に水川は「ちょっとの思いやりで回避できそうなのに。意外と暮らしの中に、こういうことがあるとこうなっちゃうのかな。毎日の生活の中で見失ってしまうような些細なことかもしれないけど、次の人のことを思って交換する。ちょっとのことですけど忘れちゃいけない思いやりですね」と思いを口にしていた。

 また、定番のトイレット12ロールの生産は3月31日をもって生産を終了している。新しい商品と持ち比べをすると水川は「長さがないから歩きにくくない。かさばらないのが大きい」とアピールしていた。