俳優の神尾楓珠がゲイであることを隠しながら生活する男子高校生役で主演し、BL好きの女子同級生との恋愛を通じ、世間にはびこる“ふつう”という価値観とのギャップに向き合う男女の姿を描く映画『彼女が好きなものは』が今秋公開される。このたびBL好きの女子同級生役で女優の山田杏奈が出演することが明らかになった。

【写真】原作書影と主演の神尾楓珠

 原作は、小説家・浅原ナオト氏の「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」(角川文庫)。Web小説サイト「カクヨム」で話題作となり、2018年2月に書籍化され、19年4月にはNHKで『腐女子、うっかりゲイに告る。』のタイトルでドラマ化もされ、大きな反響を呼んだ。

 ゲイであることを隠して日々を過ごす男子高校生・安藤純(神尾)と、BL好きを隠しているクラスメイトの女子・三浦紗枝が、書店で鉢合わせたことから急接近。やがて紗枝から好きだと告白された純はある想いを秘め付き合うことになる。その紗枝役を、『ジオラマボーイ・パノラマガール』『名も無き世界のエンドロール』『哀愁しんでれら』『樹海村』など出演作が相次ぎ、待機作として綿矢りさ原作の主演映画『ひらいて』の公開も控える山田が演じる。

 クラスメイトの純とふとしたきっかけで交流が生まれ、次第に純にひかれていく紗枝。自分の好きなものを素直に好きだと言えない悩みを抱えながら、純とともに成長していく姿を瑞々しく演じる。

 同時に、純のクラスメイト3人のキャストも発表。純の幼なじみの高岡亮平役には、放送中のNHK連続テレビ小説『おちょやん』の松島寛治役でも注目される前田旺志郎。明るくポジティブなクラスのムードメーカーで、いつも純や友人を気にかける優しくて愛情深いキャラクターを好演。

 クラスのリーダー的存在の小野雄介役には、Hulu『君と世界が終わる日にSeason2』に出演中の三浦りょう太(りょう=けものへんに寮のうかんむりなし)。プロサッカー選手“キング・カズ”こと三浦知良の長男として注目される中、芸能界入り。本作で映画出演デビューを果たす。周囲の人間と距離をつくる純に苛立ち、自分の信念と葛藤する難しい役どころを熱演する。

 純と紗枝の仲を取り持とうと遊園地でのグループデートを持ちかける紗枝の親友の今宮くるみ役には、映画『許された子どもたち』やNHKよるドラ『ここは今から倫理です。』などで注目を浴びる池田朱那が等身大で演じる。

■追加キャストのコメント

【山田杏奈】紗枝を演じる日々を通して、人を愛することや自分の好きなものを好きだと言うことがこれほどに素晴らしくて、そして難しいということに触れました。綺麗事だけじゃ済まされないこの世界で、それぞれの苦しさや生きづらさを抱えながら生きる一人一人の姿には、ぼんやりしているものに輪郭をつけるような強さがあるんじゃないかと思います。公開をぜひ楽しみにしていてください。

【前田旺志郎】僕の役は主人公・安藤純くんの幼馴染です。亮平はめちゃくちゃいいやつです。友達想いの熱い男です(笑)。脚本を読ませていただいた時からずっと、この物語の中で、この物語の先で亮平(幼馴染)としてゲイである純くんとどのように関わるのがベストなのかを考えていました。僕自身、これが正解だと思える答えは出せませんでした。ただ、今は、考えて考えてその時できる一番の敬意と愛情を持って「その人」に接することが大切だとこの作品を通して感じています。この映画を観るたびに答えは変わるかもしれません。ずっと考え続けたいと思います。皆さんが何かを考えるきっかけになれる作品です。是非、映画館でご覧ください。

【三浦りょう太】今回小野雄介役を演じました、三浦りょう太です! オーディションでこの役に選んでいただけた時はめちゃくちゃうれしかった反面こんなに重要な役、自分にできるのかなという不安に襲われたのを覚えています。初めての映画出演で右も左もわからない中、草野監督やスタッフの皆さん、キャストの皆さんの力をお借りしながら、素敵な作品創りの現場に参加することができて、本当に感謝しています。そして初号試写の後、マネージャーさんが僕の名前を見たときに涙が出るほどうれしかったという話を聞き、誰かの気持ちを動かすことのできるこの作品に参加できて本当によかったと心から思いました。小野雄介を演じるにあたって、彼の人生、自分にしかできない小野を表現したつもりです。自分なりの正義はあるものの不器用で誤解されがちな小野の葛藤が伝わったらうれしいです!

【池田朱那】今宮くるみ役の池田朱那です。まず、初めて台本を読んだ時、「普通」とはなんだろうということを沢山考えました。普通の幸せを願う、繊細で脆く複雑で儚い安藤純くんの心に真摯に寄り添うこの作品に何度も胸を締め付けられました。こんなすてきな作品をすてきな方々と作り上げることができて幸せです。この映画を通して「同性愛」について知っていただき、もっと深く考えるきっかけになればと思います。