謎の殺し屋集団から死に追い込まれる同じ1日を無限に繰り返している男が主人公の新感覚のSFアクション超大作『コンティニュー』(原題:BOSS LEVEL)が、6月4日より東京・新宿バルト9ほか全国で公開されることが決定した。

【動画】映画『コンティニュー』予告編

 『特攻野郎AチームTHE MOVIE』『スモーキン・エース/暗殺者が
いっぱい』のジョー・カーナハンが監督を務め、「キャプテン・アメリカ」シリーズのクロスボーンズ役、『アベンジャーズ/エンドゲーム』にも登場し、格闘技に精通したハードなアクションを見せつけたフランク・グリロが主演。物語の鍵を握る元妻役で『インポッシブル』のナオミ・ワッツ、ラスボス役で『マッド・マックス』のメル・ギブソンが“競演”する。

 解禁された予告編では、目覚めた瞬間から殺し屋に命を狙われる毎日を繰り返す元デルタフォース特殊部隊員のロイ(フランク・グリロ)が、慣れた動きで次々敵を倒す過激なモーニングルーティーンから始まり、何度も殺される同じ日を繰り返しながら、クリア条件不明な死のループに隠された真相を掴んでいく様子が描かれていく。

 個性豊かな殺し屋集団に狙撃され、爆破され、斬殺されながも死ぬ度に着実に強くなっていくロイと、タイムループの鍵を握る元妻(ナオミ・ワッツ)名優・メル・ギブソンが演じる世界滅亡を目論むラスボス・ヴェンター大佐の不穏な気配漂う姿も映し出される。ド派手に死んではレベルアップする、まるで対戦型格闘ゲームのステージをクリアしていくような物語に、『インセプション』ばりの世界がひっくり返えるどんでん返しや、ド派手でスタイリッシュなアクションをぶち込んだ。

 主人公のロイはどうすればこの死のループから抜け出せるのか? なぜ狙われるのか? 同時に解禁されたビジュアルは、「∞の時を駆けろ」というコピーと、物語の要となる謎の装置をバックにメインキャラクターの3人が描かれた近未来的なデザインで、ハイグレードなSF展開も予感させる。