スティーブン・スピルバーグ監督×ジョージ・ルーカス(原案・製作総指揮)が生んだ大人気アドベンチャー『レイダース 失われたアーク《聖櫃》』公開(1981年)から40年を記念した、『インディ・ジョーンズ 4ムービーコレクション 40th アニバーサリー・エディション 4K Ultra HD + ブルーレイ』が6月23日に発売される。

【写真】そのほかのシリーズ3作品のメインカット

 ハリソン・フォードが考古学者インディ・ジョーンズを演じて大ヒット。2022年夏、シリーズ新作の公開が予定されており、ハリソン・フォードの出演も決定している、“現在進行形”のシリーズ。

 今回、スティーブン・スピルバーグ監督の完全監修のもと、オリジナルネガの4KスキャンからDolbyビジョンでHDRマスタリング。音声は本シリーズのほか『スターウォーズ』シリーズを手掛けた伝説的サウンドデザイナー、ベン・バートの監修を受け、スカイウォーカーサウンドにおいてDolby Atmosリミックスが施された。世代を超えてファンの胸を躍らせてきた冒険とアクション、すべての瞬間が、究極の臨場感と最高の画質でよみがえる。

 デジパック仕様9枚組コレクタブル・エディション。封入特典として4作で描かれた旅の軌跡をたどる特製マップを同梱。価格は1万9800円(税抜1万8000円)。

 本編ブルーレイ、特典ブルーレイは、2012年に発売された『インディ・ジョーンズ コンプリートアドベンチャーズ(PPWB134604)』に収録のディスクと同じものを使用。7時間におよぶ映像特典もすべて収録される。

■ストーリー

★『インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク《聖櫃》』(1981年)

 ジョージ・ルーカス×スティーブン・スピルバーグの豪華コンビが放つ傑作ノンストップ・アクション第1弾。冒険家で考古学者のインディ・ジョーンズが、勝ち気で自由奔放な昔の恋人マリオンと共に、伝説のアーク《聖櫃》を求めスリルに満ちた冒険の旅に出る。毒や罠、裏切りといった数々の困難を乗り越え、果たして彼らはナチスよりも先にアークを見つけることができるのか?

インディ・ジョーンズ:ハリソン・フォード(村井国夫/内田直哉)
マリオン:カレン・アレン(土井美加/土井美加)
マーカス:デンホルム・エリオット(中村正/有本欽隆)

★『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』(1984年)

 邪教集団に挑んだインディが絶体絶命の連続!畳みかけるようなアクション演出が圧巻の第2弾。インディ・ジョーンズと相棒のショート・ラウンド、ナイトクラブ歌手のウィリー・スコットは、ヒマラヤ上空の飛行機アクションから、インドの要塞のような鉱山を駆け抜けるトロッコ・チェイスまで、数々の冒険へと飛び込んでいく。

インディ・ジョーンズ:ハリソン・フォード(村井国夫/内田直哉)
ウィリー:ケイト・キャプショー(吉田理保子/斉藤梨絵)
ショート:キー・ホイ・クァン(野沢雅子/白石涼子)

★『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』(1989年)

 キリストの聖杯をめぐり、ナチスと再び熾烈な争奪戦が勃発。インディの父親役で名優ショーン・コネリーが出演する第3弾。キリストの聖杯を追うナチスが、聖杯の権威であるインディの父親を誘拐した。インディはネズミだらけのベニスのカタコンベを駆け抜け、ナチスのパイロットとのスリル満点のドッグファイトに挑み、強大な火力を誇る戦車に果敢に立ち向かう。聖杯に秘められた、命を与えそして奪い去る能力が明らかとなるとき、インディと彼の父親に残された時間も残りわずかとなる。

インディ・ジョーンズ:ハリソン・フォード(村井国夫/内田直哉)
ヘンリー・ジョーンズ:ショーン・コネリー(宮川洋一/銀河万丈)
マーカス:デンホルム・エリオット(村越伊知郎/有本欽隆)

★『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』(2008年)

 神秘的なパワーが宿る秘宝“クリスタル・スカル”を探す旅へ。前作から18年後を舞台に、インディが再び活躍する第4弾。インディ・ジョーンズはアケトーにある全能のクリスタル・スカルを手に入れるべく、KGB諜報員イリーナと競い合う。チームを組んで協力するのは、反抗的なバイク少年マットとかつてインディの恋人だったマリオン。

インディ・ジョーンズ:ハリソン・フォード(内田直哉)
マット:シャイア・ラブーフ(細谷佳正)
スパルコ:ケイト・ブランシェット(本田貴子)