女優の池田エライザが、22日発売のビューティー誌『VOCE』6月号(講談社)に登場。初夏に相応しい色のまとい方を3パターン披露した。

【写真】「すべてのパーツが美しすぎる」へそチラリな池田エライザ

 池田は「ギャップで見せる夏メイク」と題した、人気連載『シリーズ河北裕介』企画の第5回のモデルに起用。多彩に活躍の幅を広げる池田と、常に新しい時代のメイクを提案し続ける河北氏がコラボした。

 ゴールドのアイシャドウが放つ光を味方につけた「ピュア顔」、マニッシュな服と熱っぽい目元のバランスが絶妙な「色っぽ顔」、大胆に塗ったピンクでつくる「カッコいい顔」。どれも、いい意味で期待を裏切る“意外性”のあるメイクに仕上がった。夏を感じる大胆衣装とともに、どんなテーマのメイクも着こなしてしまう池田の表現力の高さと、まぶしいほどの美しさが発揮される。

 同号にはそのほか、浜辺美波も登場。Kis-My-Ft2の人気連載では、千賀健永が創作活動を行っているアトリエ部屋を再現する。表紙を飾ったのは川口春奈。