女優の浜辺美波が、22日発売のビューティー誌『VOCE』6月号(講談社)に登場。日焼け風メイクを“初体験”し、新たな魅力を発揮した。

【写真】フォトエッセイより…2012年オーディション時代の浜辺美波

 巻頭企画『注目3大カラーで夏の顔』のモデルに起用された浜辺は、撮影当日「おはようございます!」と、“清く正しく美しい”発声のあいさつとともにスタジオ入り。その佇まい、受け答え、発声、すべてが20歳とは思えないほど「オ・ト・ナ」で凛としたオーラをまといながらも、スタッフを緊張させない自然な気遣いに、これまで座長として数々の現場をまとめあげてきた浜辺の仕事ぶりがうかがえた。

 カメラのモニターに映る浜辺は、とにかく絵ヂカラが強く、“THE 主役”そのもの。2021年の夏を代表するピュアなピンクのコスメをまとった浜辺のかわいらしさと美しさに、VOCEスタッフも興奮。「清潔感!」「透明感!」「正統派!」「美少女!」などのワードが、スタッフからたて続けに叫ばれたという。

 また、ブラウンのチークを使ったヘルシーな日焼けチークをほどこした後は、「日焼け風のメイクをしたのは初めてでした。“日焼けチーク”っていうんですね〜!」と“初体験”を告白。白いTシャツに映えるヘルシーな夏顔の浜辺の笑顔に、誰もが「ズキュン!」となるはず。

 同号にはそのほか、池田エライザも登場。Kis-My-Ft2の人気連載では、千賀健永が創作活動を行っているアトリエ部屋を再現する。表紙を飾ったのは川口春奈。