『デッドマン・ウォーキング』(1995年)でアカデミー賞主演女優賞を受賞したスーザン・サランドンと『タイタニック』(97年)で世界的にその名を知らしめ、『愛を読むひと』(2008年)でアカデミー賞主演女優賞受賞を受賞したケイト・ウインスレット、二大オスカー女優がついに初共演。安楽死を題材に、“家族との絆と覚悟”を観る人全てに問いかける感動の物語『ブラックバード 家族が家族であるうちに』が6月11日より全国公開される。予告映像とポスタービジュアルが解禁された。

【動画】映画『ブラックバード 家族が家族であるうちに』予告編

 本作は、『マンデラの名もなき看守』(2008年)や『ペレ』(1987年)などで知られるビレ・アウグスト監督による傑作デンマーク映画『サイレント・ハート』(14年・日本未公開)を、同作の脚本家であるクリスチャン・トープが自身でアメリカ映画として脚色、新たな物語を紡ぎ出した。

 予告編の映像は、夫・ポールが妻・リリー(スーザン・サランドン)と住む海辺の静かな自宅に、娘たちとその家族を迎え入れるシーンから始まる。「できるだけ普通にして欲しいの」「分かった」――映し出されるのは、久々の再会を喜ぶのも束の間、母の死を見届けるために集まった娘とその家族、そして親しい友人の姿だった。

 「私は満足だし、幸せ」「愛する男がいて、誇りに思う2人の娘もいる」自らの意思で人生の閉じ方を決めたことは決して不幸ではなく、幸福な人生であったことを伝えるリリーだったが、もちろん全員がその決意に心から同意できているわけではない。「自殺すると警察に通報を」「本気か? 君のママは心の準備が出来てる」「私はまだよ」「誇りに思う娘? 何も知らないくせに」。

 安楽死を決意した母の前で次々と明かされるこれまで各々が隠し通してきた本音と秘密。愛する人の“死”が目前に迫ったことで、否応なしに自分にとっての“真実”“愛と人生”についても向き合わざる得なくなった家族と友人たちは、その葛藤を通して、ようやく「母が残した愛の結末」の意味を理解することになる。

 ポスターはリリーと長女ジェニファー(ケイト・ウインスレット)の強い意志を感じる視線が印象的なカットと、“最後の晩餐”で、一見すると仲睦まじい姿の家族写真を撮影する様子に「母の決意が、私を変える」とキャッチコピーが添えられたもの。これから母の愛によって変わっていくであろうそれぞれの人生を象徴するようなビジュアルになっている。

 脇を固める俳優陣にも要注目。次女アンナには『アリス・イン・ワンダーランド』(2010年)のアリス役に大抜てきされたミア・ワシコウスカ。リリーの夫ポール役は、『ジュラシック・パークIII』(01年)などで活躍するサム・ニールが死を決断した母のもとに集い、戸惑いながらも目を逸らさず真実の愛情を捧ごうともがく難役を見事演じ切った。

 監督を務めたのは、『ノッティングヒルの恋人』(1999年)や『恋とニュースのつくり方』(2010年)などで手腕を発揮するロジャー・ミッシェル。極限の選択に立たされる家族の心象風景にリアリティを持たせるために、彼は、通常ではなかなか行えない映画の大半を順撮りするという方法を選択、結果5週間におよぶ撮影が開始することになったが「キャストの集中力、映画やお互いに対する意気込みに思ったよりも大きな影響が生まれたんだ」とそのこだわりを話し、見事な人間ドラマへと昇華させている。