女優の菜々緒(32)が、『ジョルジオ アルマーニ』が展開するワールドワイドプロジェクト『クロスロードプロジェクト』の日本代表として就任したことが発表され、菜々緒が登場する特別ムービーと画像が20日(日本時間)に公開した。

【動画】『ジョルジオ アルマーニ』日本代表・菜々緒の特別ムービー

 『ジョルジオ・アルマーニ』は長年、女性が社会において自分に自信を持てるような、そして、彼女たちの個性を表現することをサポートできるような洋服を作ることを目指してきた。その想いは、今も変わることなく、現代を生きる女性の個性、女性らしさ、能力、そして彼女たちの強さを表現すること、そしてその素晴らしさを称える機会について模索し続けている。

 この春、ジョルジオ アルマーニ社は、世界中から選定された14人の、強くエレガントで、自立した女性達と共に展開する『クロスロードプロジェクト』を始動。同プロジェクトでは14人それぞれが自身の人生で迎えた「クロスロード-岐路-」について語るほか、見る人、一人ひとりに、未来に大きな影響を与える決断は、人生の中にたびたび訪れていることを訴えかける。

 『クロスロードプロジェクト』には、世界のさまざまな国(日本、アメリカ、イタリア、フランス、イタリア、イギリス、スペイン、ドイツ、ポーランド、オーストラリア、レバノン、ブラジル、中国)から選ばれた14人の女性が語り手として登場し、日本からは、女優の菜々緒が選ばれた。

 14人は、それぞれの背景を持ち、違った職業、異なる展望を持つが、共通点は、過去に大きな岐路に立ったことがあり、その際、自身が成長できるような、今後の活躍に結びつくような決定を下したということ。多くの人は、社会をよりよくするための活動と関連し、仕事を通じて社会に大事なメッセージを伝えてる。

 今回の就任に際し、菜々緒は「この度、クロスロードプロジェクトで日本代表としてアンバサダーに選んで頂けたことに大きな喜びを感じています。2017年にパリでのジョルジオ アルマーニ プリヴェのショーを間近で拝見して以来、私自身も美しいアルマーニの洋服が似合う女性になりたいと願ってきました」。

 「ジョルジオ・アルマーニさんが長年、女性が社会生活において自分に自信を持てるような、そして、彼女たちの個性を表現することをサポートできるような洋服を作ることを目指してきたように、私もこのプロジェクトや今後の自分の活動を通して、見ている方や応援してくださる方達に、良い影響を与えられる存在でありたいと思っています」とコメントしている。

■クロスロードプロジェクトに参加が決まった14人

【Nanao 菜々緒】(日本)
受賞歴を有する女優、モデル

【Misty Copeland】(アメリカ)
アメリカン・バレエ・シアター初となるアフリカ系アメリカ人プリンシパル。

【Kasia Smutniak】(ポーランド)
女優・モデル。Pietro Taricone Onlus 財団を通し、ネパールのムスタン群での教育機会提供の支援を行う。

【Hikaru YOKOYAMA 横山光】(日本出身、イギリス在住)
Women for Women Internationalの理事を務め、同団体の募金活動やマーケティング活動を担当。

【Ines Leonarduzzi】(フランス)
Digital for the planet (科学燃料の環境への影響を減らすことを目的としたデジタルNGO)創始者。

【Fala Chen】(中国)
俳優。ニューヨークの名門、ジュリアード舞台芸術学校で演劇の修士号(MFA)を取得し、香港ガン基金の大使を務めた。

【Tong Yao】(中国)
受賞歴を有する女優

【Sibel Kekilli】(ドイツ)
女優 女性の権利問題について活動を行う。Papatya Sibel 女性サポートセンターの創始者

【Susan Carland,】(オーストラリア)
女性に関するイスラム文化の専門家、学者、作家、テレビ司会者

【Celine Locks】(ブラジル)
起業家、慈善家、モデル

【Hanan Mazouzi Sobati】(アルジェリア)
起業家、アラブ首長国連邦で最初の女性専用高級車及びスポーツカークラブであるアラビアガゼル創始者

【Raya Abirached】(レバノン)
TV 司会者、ジャーナリスト

【Chiara Barzini】(イタリア)
受賞歴を有するイタリアの作家。半自伝的小説「地震の前に起こったこと」の作者として知られ、Forbes が発表した「最も成功を収めたイタリア人女性100名」にも選ばれている。

【Yulia Snigir】(ロシア)
ロシアの女優。ドラマテレビシリーズ「The New Pope」や「A Good Day to Die Hard」に出演している。