バトルロイヤル式ゲームを“お笑い”で実現した、フジテレビ系『霜降り明星の笑野行動~笑わせあって生き残れ!!~』が、5月6日午後11時より放送される。深夜枠で放送してから約半年、その第2弾が全国放送に進出する。

【画像】威圧感がすごい…粗品は審判として登場

 ルールは、笑ったら負け。合い言葉は「笑わせ合って生き残れ!!」。バトルフィールドとなる離島で繰り広げられるのは、各所に点在する“笑いの武器”を拾いながら、とにかく「お互い笑わせ合って最後の1組になるまで生き残る」という戦い。前回の放送は個人戦だったが、今回は人気芸人たちが6組のペアになって挑むことが決定した。笑いのレベルもバリエーションもグレードアップする中、最後に生き残るのは一体誰なのか。

 粗品(霜降り明星)は、今回は審判として登場する。せいや(霜降り明星)は、前回から引き続きプレーヤーとして参加。せいやが一緒にバトルに挑むペアに選んだのが、同じ事務所のケツ(ニッポンの社長)だ。せいやとケツは大阪で一緒に住んでいた時期があるほどの仲良しで、ふたりの風貌が似ていることがファンの間で話題になるほど。そんな息ぴったりのふたりが対峙する“強敵芸人”たちの情報は、後日解禁となる。

 バトルフィールドに放たれたプレーヤー6組は、リュック、銃、連絡用スマホだけ支給される。その後各所に点在する“笑いの武器”をゲットしていくが、その箱を開けるためにも笑いのお題をクリアしなくてはならない。そして敵に遭遇したら、銃を向けて「ファイヤー!」と叫び、笑いの武器を使って笑わせ合いバトルを繰り広げる。制限時間は60秒、相手が笑ったら勝ち、笑わなければ攻守交代になる。1人倒す度に10万円をゲットでき、相手を倒せば倒すほど賞金が増額、優勝賞金はさらに50万円ということで芸人たちが盛り上がること必至だ。さらに、いったん負けて“死亡”扱いとなっても、敗者復活のチャンスが用意されている。