俳優の竹内涼真が主演するHuluオリジナル『君と世界が終わる日に』Season2(毎週日曜 前0:00最新話配信※全6話)。シリーズの集大成にして最終回となる第6話の場面カットが19日、到着した。

【場面カット】竹内涼真×本郷奏多が対立…

 地上波で放送されたSeason1を経て、現在、Huluにて独占配信中のSeason2では次々と起こる惨劇、生き残りを懸けた壮絶な闘い、極限状態で繰り広げられる人間ドラマを展開。

 第5話では、一人で福島へ旅立った響(竹内涼真)が、奇跡の生還を果たすが、親しげに寄り添う来美(中条あやみ)と秋吉(本郷奏多)の姿を目の当たりにし、ショックと戸惑いを隠せない。秋吉の衝撃の告白にも驚きつつ、来美の記憶が戻らないかもしれないという不安で押しつぶされそうになる。

 衝撃な第5話ラストから続く第6話では、甲本(マキタスポーツ)たち“家族”が襲われたことで、一瞬にしてシェルターはパニックに陥る。狼狽する秋吉に代わって、住民たちの信頼を取り戻し、響は持ち前のリーダーシップを発揮していくが…。

 そんな中、来美が妊娠したことが判明する。子どもの父親は!? 予期せぬ事実を知り、複雑な気持ちの中、新しい命を授かった来美を祝福する響。そして、響は、秋吉に交渉を迫っている“奴ら”の協力者がシェルター内にいる可能性を考え始める。裏切り者は一体誰なのか。