指原莉乃がプロデュースするアイドルグループ「=LOVE」(イコールラブ)と「≠ME」(ノットイコールミー)の2組が共演する初の合同冠番組『イコノイ、どーですか?』(TBS系 毎週月曜 深1:58~2:28)が、きょう19日からスタートする。

【番組カット】特技を披露するメンバーたち ライブシーンも

 同番組は、それぞれのグループ名を合体させた通称「イコノイ」が所属する架空の芸能事務所という設定で、社長をプロデューサーの指原、マネージャー(進行役)をお笑いコンビ・ニューヨーク(嶋佐和也と屋敷裕政)が担当。メンバーたちが、さまざまな企画に挑戦しながら個性と長所をアピールし、芸能関係者や視聴者に売り込むバラエティーとなっている。

 初回収録を終え、取材に応じた=LOVEの齊藤なぎさは「初めて地上波の冠番組を持たせていただけるのが、すごくうれしい!」と喜びを爆発させながら「指原さんとも、ノイミ―ちゃんともバラエティーで長時間、一緒になったことがなかった。ノイミ―ちゃんの新しい一面を知れたり、指原さんがこんなに笑ってくれるんだ! って思ったり。ニューヨークさんも優しくて、すごくやりやすかったです!」と笑顔を浮かべた。

 ≠MEの尾木波菜も「まだデビューをしたばかりなので、すごく緊張しました」と初々しく振り返ると「今まで先輩方と一緒になると喋れなくて、指原さんから『もっと喋った方が良いよ』とアドバイスをいただいたりしていたので、この機会にもっと慣れていけたら!」と意欲を示した。

 初回の19日と翌週26日の放送回では、指原社長がスタジオに登場。イコノイメンバーはフリップに自分のアピールポイントを書き、指名されたメンバーはステージで特技を披露する。ただし、指原とニューヨークの3人のうち1人でも「見ていられない!」という札をあげたら、その瞬間に強制終了となる。

 3人が感心するものから、放送事故レベルのものまで……早くも出禁になるメンバーも!? 笑いすぎた指原が涙目になるほどスタジオは終始笑いに包まれ、指原も「4年近い付き合いのあるプロデューサーの私ですら知らない特技や魅力がたくさんありました。ファンの方も、それ以外の方にも楽しんで欲しいです!」とアピールした。

 ニューヨーク・屋敷裕政も「想像の10倍くらい面白かったです! 僕らが何もせんでも成立してるくらい、みなさん一人ひとりが楽しく面白くやっていただきました」と太鼓判を押し、嶋佐和也は「指原社長にこの役を命じられた以上は、(メンバーたちを)全力で売りだします!」と“マネージャー魂”を燃やしていた。

 番組では毎回、歌唱ブロックもあり、=LOVEと≠MEが隔週で1曲ずつステージパフォーマンスを繰り広げる。また、CS放送TBSチャンネル1では、地上波未放送のオリジナルコーナーなどを追加した特別版の放送が決定。こちらは24日午後11時30分からスタートする。