25日放送のフジテレビ系トーク番組『ボクらの時代』(毎週日曜 前7:00)は、“スタジオジブリ回”。映画『アーヤと魔女』のプロデューサー・鈴木敏夫×吉岡秀隆 ×あいみょんの鼎談が放送される。

【動画】新ヒロイン誕生!ジブリがいっぱい特別映像

 さまざまなジャンルで活躍する「縁のある3人」が集い、多彩なテーマで語り合う同番組。出演に向け、鈴木プロデューサーの元に集まったのは、子役から活躍し映画・ドラマなど出演作多数の俳優・吉岡と、幅広い世代から絶大な人気を誇るシンガーソングライターのあいみょんという、一見、縁遠く感じる異なる業種の3人。

 吉岡は2007年に鈴木Pのラジオ『鈴木敏夫のジブリ汗まみれ』(毎週日曜 後11:00~、TOKYO FMをはじめとするJFN38局で放送中)へのゲスト出演でジブリへの愛を語っていた過去があり、今回のオファーも鈴木との再会を楽しみに快諾。

 一方、あいみょんも、今年1月、鈴木Pのラジオにゲスト出演。あいみょんは過去にインディーズ楽曲「どうせ死ぬなら」の中で、「それなら私も来世が楽しみになる きっとスタジオジブリで助手をしてるのよ」という歌詞を書いていたほどジブリが好きだと熱く語り、交流がスタート。さらに、『アーヤと魔女』にも関係していることが発覚。鈴木があいみょんのインディーズ時代の楽曲「〇〇ちゃん」の歌詞の中にある、「私のどこが、ダメですか?」というフレーズを聞き、主人公・アーヤのキャラクター像にマッチすると、映画のキャッチコピーに採用。その後もあいみょんはジブリが発行する小冊子「熱風」に寄稿するなど、交流が続いている。

 また、吉岡へのオファーはあいみょんからのラブコールでもあり、最近、吉岡が出演するドラマ『北の国から』を鑑賞し、自身のインスタグラムに田中邦衛さん演じる黒板五郎がドラマの劇中でかぶっていた同じモデルのニット帽をかぶった写真を公開するほど、熱烈にはまっていたため、あいみょんが《今一番会いたい人》と吉岡を指名。共にジブリを語れる喜びを爆発させる。

 『アーヤと魔女』は、宮崎駿監督作品『ハウルの動く城』(2004年)の原作者で「ファンタジーの女王」とも呼ばれるイギリスの作家、ダイアナ・ウィン・ジョーンズによる児童書を原作に、企画・宮崎駿、監督・宮崎吾朗の下、国内外から結集した精鋭スタッフによって制作されたスタジオジブリ初のフル3DCGアニメーション。昨年12月30日にNHK総合テレビで放送され、ジブリの新たなヒロイン・アーヤのたくましくひたむきな姿は、放送後、絶賛の声と共に大きな話題となり、一部新たなカットを追加して今月29日から劇場公開される。