東映特撮ファンクラブ(TTFC)オリジナル作品『仮面ライダーゲンムズ ─ザ・プレジデンツ─』の後編が、きょう18日に配信となる。檀正宗を演じる貴水博之の出演が明かされたことにより、メインビジュアルも解禁となった。

【写真】ゲーマドライバーとバグルドライバーIIを装着する檀黎斗&檀正宗

 復活した檀黎斗(岩永徹也)が変身する仮面ライダーゲンムを前にして、絶体絶命のピンチに陥った天津垓(桜木那智)の前に現れたのは檀正宗だった。さまざまなサプライズでファンを湧かせてきた『仮面ライダーゲンムズ』もいよいよ結末へと向かう。そんな中で、ついにメインビジュアル解禁。檀黎斗&正宗親子を中心に、垓と秘書型ヒューマギア・厘(メドウズ舞良)が並ぶビジュアルとなった。

 「東映特撮ファンブック」でも『ゲンムズ』のキャストインタビューが掲載予定。さらに『仮面ライダーゲンムズ ─ザ・プレジデンツ─』のメイキング映像配信が決定した。詳細は、後日に発表される。また、5月2日に大きなニュースが発表されることも予告された。

 『仮面ライダーゲンムズ ─ザ・プレジデンツ─』 は東映特撮ファンクラブ(TTFC)で前編を配信中、後編は18日午前10時より配信スタート。

■『仮面ライダーゲンムズ ─ザ・プレジデンツ─』後編あらすじ
 天津垓は秘書型ヒューマギア・厘とともに新会社を設立、イノベーションを起こそうと決意する。だが、垓の体に異変が生じ、苦しみだすと、その体から檀黎斗が分離。アークによってインターネットをさまよっていた最悪のバグスターウイルスが復活し、垓に感染していたのだ! 消滅したはずの檀黎斗が奇跡の復活、さらに黎斗の父である檀正宗までも出現!! 3人の社長=プレジデントが揃う物語の結末は? Vシネクスト『ゼロワン Others 仮面ライダーバルカン&バルキリー』(2021年秋期間限定上映&11月10日パッケージ発売)の後を描く、『仮面ライダーエグゼイド』のスピンオフ作品。“仮面ライダーエグゼイド with ゼロワン”とも言うべき傑作が誕生した。