女優の中村アンが17日、オンラインで行われた20日スタートのTBS系新ドラマ『着飾る恋には理由があって』(毎週火曜 後10:00)記者会見に出席。近所の高級スーパーでデリバリーのバイトをするかたわら、現代アートの絵画やオブジェを作るアーティストの卵・羽瀬彩夏を演じているが「髪を30センチ切りました! このお話をいただいたのと、髪を切りたいというタイミングが合いまして、決断しました。これまで髪をかきあげるのが商売道具でもあったので(笑)、11月くらいにウィッグを買って、試してみて…。新しい自分に出会いたかったので、これがターニングポイントになるように」と意気込んだ。

【写真】川口春奈、横浜流星らが登場 『着飾る恋』メインビジュアル

 同ドラマは、きれいに着飾ることで自分の居場所を得ていたヒロインが、価値観の違う人々とひとつ屋根の下で暮らしながら、恋をしたり、友情を深める中で、鎧を脱ぎ捨て、自分らしく生きる姿を描く“うちキュン”ラブストーリー。

 中村は、髪をバッサリと切ったことへの好影響について「鎧が取れて、すごく気持ちが楽になって、この役も大好きですし、すごく気持ちいいですね」とにっこり。「洋服とかが(髪型と役柄に合わせて)男みたいになってきそうで、異性との出会いがなくなりそう…って何を言っているんだかわかりませんが(笑)。ツンデレな役です」と声を弾ませた。

 ルームシェアのシーンがお気に入りだと明かし「みんなが朝起きてきて、わっと集まる瞬間がキュンとしましたね。ひとり暮らしだと、人とのコミュニケーションがないので。『おはよう』って言い合うシーンが“うちキュン”でした」とアピールしていた。会見にはそのほか、川口春奈、横浜流星、飯尾和樹(ずん)、丸山隆平(関ジャニ∞)、山下美月(乃木坂46)、高橋文哉、向井理、夏川結衣も出席した。