人気テレビアニメ『鬼滅の刃』の初の対戦アクションゲーム『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』(PlayStation4、PlayStation5、Steam、Xbox One、Xbox Series X|S用)の新情報が19日、公開された。バーサスモードでプレイ可能なキャラクターとして、鱗滝左近次が参戦することが決定し、サイバーコネクトツーによるキャラクター別ゲームビジュアル&紹介映像が解禁となった。

【プレイ画像】炭治郎をボコボコ!水の呼吸で斬りつける鱗滝左近次

 鱗滝左近次は狭霧山の麓で鬼殺隊員候補となる剣士を育てる「育手」として、炭治郎を鍛えた人物。元・水柱として“水の呼吸”を使い、バーサスモードで老練な技の数々を繰り出す。

 公開されたキャラクター別ゲームビジュアルは、開発会社の株式会社サイバーコネクトツーによりゲーム内の3Dモデルを元に作成されたビジュアル。また、家庭用ゲーム『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』公式サイトではそれぞれのバトルアクション映像を紹介するキャラクター紹介映像06・鱗滝左近次も公開された。

 『鬼滅の刃』初のゲーム2タイトルの1つとして昨年3月に開発が発表された『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』は、アニメ『鬼滅の刃』で描かれたストーリーを追体験できるソロプレイ、アニメに登場するキャラクターを操作して戦うバーサスモードが実装される。

 このバーサスモードでは、オフラインまたはオンラインで最大2人が遊べ、竈門炭治郎や竈門禰豆子をはじめ、アニメ本編に登場するキャラから2キャラを自由に組み合わせた2vs2の対戦を、シンプル操作でプレイすることが可能となっている。なお、ゲームのソロプレイモードでは、家族を殺された仇を討つため、鬼に変えられてしまったたった一人の妹・禰豆子を人に戻すため、プレイヤーは鬼殺隊剣士・竈門炭治郎となり、人々に襲い掛かる鬼を討っていく。