常識に囚われず度肝を抜くアクションを繰り広げ、映画史を代表する一大シリーズの1つとなった”ワイスピ”の最新作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』の日本での公開日が8月6日に決定した。新たな予告映像&日本版ポスタービジュアルも到着した。

【動画】映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』新予告

 監督は、6作目『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013年)以来、ファン超待望のシリーズ復帰となるジャスティン・リン。主人公ドミニク・トレット役のヴィン・ディーゼルをはじめ、オリジナルファミリーの面々がカムバックを果たし、『ワイルド・スピード ICE BREAK』(17年)でファミリーの前に立ちはだかったサイファー(シャーリーズ・セロン)や、誰も予想しなかった前代未聞のサプライズとしてハン(サン・カン)も再登場、そしてファミリーの絆を揺るがす新たな敵でありドミニクの弟ジェイコブ(ジョン・シナ)も参戦する。

 シリーズ史上最も常識が通じない敵・ジェイコブに勝つために「速い車が必要だ」と言うドム。見つけ出したのがボロい小型車にロケットエンジンを搭載した代物。ジャンボジェットに追いつくスピードを出す魔改造マシンでどうやって勝つというのか…?

 市街地でのカーアクションシーンでは車に超強力磁石を搭載し、磁石の反発力で敵車両を次々と大破させていく。ドムの愛車ダッジ・チャージャーとオレンジのトヨタ・スープラがマグネットパワーで巨大装甲車の前輪を両サイドから固定しぶっ飛ばす様は圧巻だ。

 ジェイコブがドムに放つ「お前の影として生きてきた。今度はお前が俺の影になれ」のせりふからは二人の因縁がにじみ出る。ドムは本当のファミリー・ジェイコブを救い出し、真のファミリーを築くことができるのか?

 苦楽を共にしてきたファミリーの面々も知らなかったドムの弟・ジェイコブの存在。最強の男ドムの弟の強さは計り知れない。「計画がある」と口にし、ロケットの発射を見つめるジェイコブの魂胆とは? 「世界を破滅させる兵器」の存在もほのめかされる。前作『ワイルド・スピード ICE BREAK』から引き続き登場する悪女サイファーとの繋がりもあるようだ。

 「弟はオレが止める!」 ジェイコブの恐ろしい計画を全力で阻止するドム。ファミリーもまた「お前の問題は俺たちの問題だ」と世界を股にかけた戦いに身を投じていく。ドムの指示で仲間を集めるファミリー。東京の街中で襲われるレティとドムの妹ミアを救ったのは、『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(06年)で死んだはずのファミリー、ハンだ。なぜ生きているのか? その謎も本編で明らかになる。また、ハンの狭い車内での肉弾戦後の「戻れてうれしいよ」のせりふはファンの涙を誘うだろう。

 予告の最後では、輸送機に乗せられたロケットエンジン小型車が空高く発射される。ワイスピの戦いの舞台はついに、空をもぶち抜きさらに高くジェットブレイク!? だいぶ待たされたけど、あともう少しだ。