人気グループ・Snow Manが、7月30日から上映される中米共同制作のフル3DCGアニメ映画『白蛇:縁起』で主題歌「縁 -YUAN-」(※Aはアキュート)を担当することが、わかった。追光動画(中国のアニメ会社)とWarner Brothersがタッグを組んで制作した中国国内で興行収入70億円超えの歴史的大ヒットを記録した今作で、日本語吹き替え版では声優・三森すずことSnow Manのメンバーであり“アニメ好き”として知られる佐久間大介がW主演を担当する。このほど主題歌と佐久間のコメント入り予告映像も解禁された。

【画像】ムビチケ&特典クリアファイルのデザイン

 今作は、ハイクオリティな3DCGアニメーションで描かれる人と妖怪の境遇を乗り越える真実の愛と、時空・前世を超えても途切れることのない壮大なラブストーリー。見た目は美少女の白蛇の妖怪『白』(ハク)を三森が、捕蛇村の少年『宣』(セン)を佐久間が演じる。追加キャストとして師(コクシ)役に柴田秀勝、道士(ドウシ)役に石川界人、蛇母(ジャボ)役に本田貴子も決定した。

 W主演と主題歌アーティストの大役を務める佐久間は「ものすごくうれしいです」と歓喜。「縁 -YUAN-」について「中国の楽器、二胡も取り入れており、曲を聴いただけで中国の世界感が堪能できます。そして、歌詞にはタイトルにもある「縁(えん)」や、「繋がり」といったキーワードを大切にし、この作品のストーリーを物語る様な単語やフレーズが盛り込まれています。さらには、中国語の歌詞があったりと、日本の方にも中国の方にも楽しんでいただける楽曲になっています」と紹介し、自信をみせる。

 「主題歌は作品を引っ張っていくという大事な役目があると思いますので、少しでもこの『白蛇:縁起』という作品に寄り添いながら、お力になれたら幸いです。ぜひこの曲を聴いて『白蛇:縁起』に浸っていただきたいです」と呼びかけている。

 中国の水墨画で有名な画家・張漁氏によって描かれた日本語吹き替え版のキービジュアル、またムビチケ(前売り券)は30日より各劇場で販売開始。特典としてオリジナルクリアファイルが付属する。

■佐久間大介(Snow Man)コメント

この度、僕たちSnow Manが、『白蛇:縁起』の日本語吹き替え版の主題歌を担当する事になりました。個人的にはダブル主演で、主題歌まで担当できる事、本当に感謝しています。ものすごくうれしいです。今回の楽曲「縁 -YUAN-」は、中国の楽器、二胡も取り入れており、曲を聴いただけで中国の世界感が堪能できます。
そして、歌詞にはタイトルにもある「縁(えん)」や、「繋がり」といったキーワードを大切にし、この作品のストーリーを物語る様な単語やフレーズが盛り込まれています。さらには、中国語の歌詞があったりと、日本の方にも中国の方にも楽しんでいただける楽曲になっています。
主題歌は作品を引っ張っていくという大事な役目があると思いますので、少しでもこの『白蛇:縁起』という作品に寄り添いながら、お力になれたら幸いです。ぜひこの曲を聴いて『白蛇:縁起』に浸っていただきたいです。

■追加キャストコメント

<柴田秀勝>
中国民話の代表でもあり日本でも弁財天の使いで信仰の対象としても知られる白蛇伝、そのアニメ化に際し国師という大役を担当、光栄の一言に尽きる喜びであります。残念ながら全出演者参加収録が出来ず、万全を期したコロナ対策の中で行われた少数、抜きアフレコの為、小生にとりましても作品の完成度合いが待望されることであり、一人でも多くの人たちに中国アニメのクオリティの高さもぜひ見ていたきたい作品です。 

<石川界人>
豪華なキャストの方々とご一緒できるということで一役者としてたくさんのことを学ぼうと思いました。あまりにも美しい映像と、心が熱くなるストーリーに感銘を受けました。子供から大人までどなたでも楽しめる作品になっていることは声を大にして言いたいのですが、ぜひとも大人の方に見ていただきたいです。様々な経験を重ねたからこそ感じられる問いかけやメッセージがあるかと思いますので、受け取ってもらえるとうれしいです。

<本田貴子>
中国ファンタジーが大好きなので、ビッグタイトルヒロインの前世の物語というこの作品への出演にとても興奮しました。物語に一瞬で入り込ませてくれる音楽と幻想的でどこか怪しげな風景、大きな運命を持ったヒロインに誠実なヒーロー、どこをとっても期待を裏切らない王道の中国ファンタジーです。みなさまぜひご覧ください。私のお気に入りキャラクターは狐のあの娘◆(ハート)