お笑いコンビ・おいでやすこが(おいでやす小田、こがけん)が、15日深夜放送のニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)』(毎週木曜 深1:00)に生出演。番組内で、おいでやす小田のツッコミをもとにした新コーナー「知らんなあ!」が誕生したことを受けての出演となったが、コンビでの仕事が話題となると、こがけんが“危機感”をあらわにした。

【写真】コンビ化は否定するも息ピッタリ?なおいでやすこが

 あくまでピン芸人同士のユニットである2人だが、小田が「ホンマ正直言ったら、最高形やと思っていますよ」と明かすと、こがけんも「ピン芸人で頑張っていたとしても、たぶんここまで来れない」としみじみ。ところが、2人での仕事量に変化が生じているようで、こがけんが「最初は(2人での仕事が)9割だったのが、8割になり、7割になり、最近は6割で、僕にとっては地獄のカウントダウンみたいな感じですよ」とぶっちゃけた。

 一方の小田は「ホンマは5割なんですけど、1割増しで」と笑いを交えてチクリ。こがけんは「これはよくないですよ、ユニットだから『よかったらウチの相方を』っていう義理もないし、そういう方じゃない」と思いを口にすると、小田は「最初の方は言っていたんですけど、なんか変な空気になって…」とユニットならではの弊害を語っていた。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。