声優の小松未可子、上坂すみれが14日、ABEMAの人気生放送番組『声優と夜あそび』に出演した。

【写真】生放送で大胆ボディを披露した上坂すみれ 小松未可子とツーショット

 シーズン水曜日の初回となる放送では、スケジュールの都合により新MCの徳井青空がお休みとのことで、昨シーズンから継続して水曜日のMCとなった小松、上坂の2人で番組が進行。オープニングでは、昨シーズンから新シーズンスタートまでの2週間に上坂の自宅でお疲れ様会を行ったことを報告した。

 「なかなかこの1年できなかったお話とかできた」「すみぺすごいよね! シャンパン3本開けたもんね」「急に私が桃鉄を遊び始めてね。誰かと対人桃鉄をやってみたかった欲が出ちゃって」「ほんとにすみぺの家でベロンベロンになって、帰るときずっと斜めってた(笑)」「楽しかったし美味しかったし、いい夜あそびでした」と2人だけのプライベート“夜あそび”会を楽しんだと伝えた。

 また、“破壊”をスローガンに掲げる水曜日として今シーズンは何をやっていくのかも議論。まずは次週から水曜日に合流する徳井のプロフィールを紹介し、ミニ四駆の全国大会出場、漫画連載の実績などマルチな才能をみせるプロフィールを踏まえ、「(昨シーズンで)Tシャツと、パーカー作ったよね。そういったクリエイティブなやつ!」「お互いに似顔絵を描いてアクキー(アクリルキーホルダー)にするとか」「3人いたらロケ楽しそう!」と3人でやりたいことを語り合った。

 続けて「そらまるさんってやさぐれてるイメージがない」「ムチャ振りもなんでもスマイルで乗り切ってるイメージがある」という優しい性格の徳井に「めちゃくちゃ気苦労かけてしまうよ」「なんかもう丁寧な番組にしよ」と自分たちの自由さを自虐しつつ、「たまにストレスを解消する会を作らないと!」「そらまるさんのヒトカラ部屋とかね」など徳井を労う企画も考案した。