松竹ヌーヴェルヴァーグを生み、差別や犯罪など、社会の歪みと闘い続けた熱き映画監督、大島渚(1932年-2013年)。彼の最大のヒット作である『戦場のメリークリスマス』(1983年)と、最大の問題作と言える『愛のコリーダ』(76年)を美しく蘇らせた『戦場のメリークリスマス 4K修復版』が16日、『愛のコリーダ 修復版』が30日より、全国で順次“連続”公開される。

【動画】『戦場のメリークリスマス 4K修復版』予告編

 あすからの公開を前に、『戦場のメリークリスマス4K修復版』のキャラクターポスターが解禁された。ポスターになったのはデヴィッド・ボウイが演じる美しすぎる英国人俘虜のジャック・セリアズ少佐、坂本龍一が演じる武士道精神を重んじる俘虜収容所所長ヨノイ大尉、トム・コンティが演じる日本語の堪能な英国人俘虜ジョン・ロレンス中佐という、人気の主要キャラクター3人。鮮やかな原色の背景に、凛々しいセリアズ、クールなヨノイ、穏やかなロレンスと、それぞれの特徴が表情に表れたビジュアルが使用されている。

 また、2作品の公開を記念してLINEスタンプも登場。オリジナル・クリエイターズスタンプ「大島渚と『戦メリ』『コリーダ』」は全32種類。『戦場のメリークリスマス』のセリアズが花を差し出す「for you…」スタンプや、『愛のコリーダ』の定と吉蔵が身を寄せ合う「こんばんは」スタンプのほか、大島監督の名フレーズが入ったスタンプなど、日常的に使いやすいものから、コアなものまでそろっている。