宝島社は14日、人気漫画『呪術廻戦』を日本の歴史から考察した書籍『呪術の日本史』を発売した。

【画像】五条悟のモデルは空海?伏黒の術式は…考察内容の一部公開

 日本には縄文時代から「呪術」が存在。「古事記」や「日本書紀」にも描かれ、平安時代以降は陰陽師や修験道の世界でさまざまな呪術が生み出され、貴族や武士たちに頼られてきたということで、同書では、日本において人々がいかに呪術を用いてきたかを解説し、その発展の歴史をひもとくことで『呪術廻戦』の背景を考察していく。

 目次は「『呪術廻戦』に描かれた呪いのルーツを探る」「呪いの国・日本の歴史」「『呪術廻戦』にみる日本の呪法」「古典に記録された呪術師たち」「新考察『呪術廻戦』の謎」「呪霊からわかる日本の信仰」「現代に生き続ける呪い」。陰陽道系・密教系など術式を5体系に分けて紐解いたり、古典に記録された呪術師たちとキャラクターたちの共通点を解析。「伏黒恵の術式は陰陽道由来?」「五条悟のモデルは空海だった?」など、作品をさまざまな視点で分析する。

 歴史・民俗学が好きな大人だけでなく、『呪術廻戦』に関連して教科書には載っていない日本史を知りたい学生にもおすすめの一冊となっており、監修はオカルト・風水・民俗学などに造詣が深い、作家の加門七海氏。