人気グループ・Hey! Say! JUMPの有岡大貴が単独初主演する27日スタートの日本テレビの“シンドラ”枠第15弾『探偵☆星鴨』(毎週月曜 深0:59※関東ローカル)の第1話映像が解禁。また第1話から3話のゲストも発表され、磯野貴理子、朝倉あきらの出演が決定した。

【写真】第1話ゲストの磯野貴理子らキャスト

 今作は人気劇団・ヨーロッパ企画の諏訪雅氏が脚本、上田誠氏が脚本監修として参加。ハードボイルドに憧れて探偵になったものの、女性との距離をうまく取ることができない不器用な主人公・星鴨(有岡)が、さまざまな依頼の調査中に起こるハプニングにドタバタと振り回されたり、未解決殺人事件の犯人(ホシ)と疑われたりしながら「見えた! 輝く一番星!」の決めぜりふとともに一級品のひらめききの速さで全力解決。『探偵の日常』にクスッと笑って、グッとくるコメディー・ミステリー。

 第1話の依頼は“ストーカー被害の調査”。ホームズや金田一耕助といった名探偵に憧れて探偵になった星の前に、若い女性・唐戸つぐみ(片山友希)が突じょ現れる。「僕、女性と目合わせられるの、3秒が限界なんですよ」と話す星。じっと目を見ることもできない2人のコミュニケーションは噛み合わず…。そんな調査中、捜査一課の刑事・捜田一(岡田義徳)が現れ、星を殺人事件のホシ(犯人)として疑う。そしてストーカー被害の鍵を握る女性・石黒ゆかり(磯野)の影も浮上し調査はドタバタに。果たして無事に解決し、依頼人を笑顔にすることはできるのか。

 また、第2話では星が断固拒否する浮気調査が舞い込む。依頼人・島田(朝倉)の浮気のポーダーラインはやたら細かくて厳しい。変装して尾行し島田の夫(伊島空)の行動を全力で調べる星。第1話で依頼が解決し、助手に名乗りを上げた唐戸は初調査にノリノリだったが、またも捜田刑事が星を連行(!?)。ついに探偵・星と新米助手・唐戸のドタバタコンビが動き出す。

 さらに第3話の依頼人でタイムカプセルを探す元演劇部のメンバーを小川紗良、川添野愛、辻千恵、畦田ひとみ、田中珠里が、殺人事件の関係者で星の探偵学校の同級生・黒谷毅を森廉が演じる。ほかにもヨーロッパ企画の俳優陣の参加も決定。第1話の刑事として石田剛太、第2話のリサイクルショップの客として酒井善史、また、その後の話でも土佐和成と中川晴樹がリサイクルショップの客として登場する。