Netflixオリジナルアニメシリーズ『Yasuke -ヤスケ-』(4月29日より独占配信、6話)の日本版キャストと日本版ティザーPVが解禁された。本作は、戦国時代を舞台に描かれる、アフリカ人で初の武士となった最強の浪人・ヤスケが主人公のファンタジー時代劇。主人公のヤスケ役は副島淳、織田信長役は英語版も演じる平岳大、謎の力を持つ少女・咲希役を田村嬉子が演じる。

【動画】『Yasuke -ヤスケ-』日本版ティザー予告編

 一度は隠居の身となった浪人ヤスケが、謎の力を持つ少女・咲希を闇の力から守るため、再び刀を手に取り立ち向かっていくストーリー。恐ろしい力を操る闇の大名役に榊原良子、ヤスケと共に織田信長に仕えていた夏丸役に占部房子、咲希を狙う神父アブラハム役に牛山茂、戦国の世を生き延びた戦士・守助役に神尾佑、アブラハムに雇われた傭兵軍団・イシカワ役に喜多村英梨、アチョウジャ役に北村謙次、ハルト役に窪塚俊介、ニキータ役に七海ひろき、咲希の母親・一華役に田中理恵らが決定している。

 原案、プロデュース、そして監督を務めるラション・トーマスは、『キャノン・バスターズ』に続き2作目のNetflixオリジナルアニメシリーズとなる。アニメーション制作を『ドロヘドロ』、『進撃の巨人 The Final Season』や『呪術廻戦』などのMAPPAが担当し、キャラクターデザインを小池健(『LUPIN the Third -峰不二子という女-』)が手がた。

 第93回アカデミー賞で『ジューダス・アンド・ザ・ブラック・メサイア』で助演男優賞にノミネートされ注目を浴びる俳優のラキース・スタンフィールドがヤスケを演じ、グラミー賞にノミネーションされた経歴を持つフライング・ロータスが音楽で参加している。

 新場面写真も解禁され、織田信長や、個性際立つキャラクター達が並んでおり、完全新作のアクションファンタジー時代劇でどのような活躍を見せるのか、楽しみが膨らむ。