パンテーンCM「#PrideHair」起用や「AbemaTV」コメンテーターをはじめ、多くのメディアへ出演し、トランスジェンダーの新しいアイコンとして注目される、サリー楓。建築家としての夢、息子として期待に応えられなかった葛藤、家族との対話…自分が自分らしく、いまを生きる現在進行形のドキュメンタリー映画『息子のままで、女子になる』が、6月19日より東京・渋谷のユーロスペースほか全国で順次公開される。

映画『息子のままで、女子になる』場面写真

 慶應義塾大学で建築を学び、大手建設会社に内定し、8歳からの夢だった建築家としての未来を歩み始めた楓。男性として入学し、女性として卒業し、社会に出ていく中で、 彼女は世間にある“トランスジェンダー”という既成概念に疑問を抱く。そして自らのビューティーコンテスト出場、LGBT就職支援活動、講演活動などを通し、これまでのステレオタイプとは違う、新しいリアルな“一個人”としてのトランスジェンダー女性像を打ち出そうとする。

 しかしそんな中で楓の心には、父親の期待に応えられなかった息子としてのセルフイメージが残っていた。新しい自分、本当の自分として世界に出た時、家族はそれをどう受け止めるのか。その対話にもカメラは同行した。

 さらに楓は日本の“トランスジェンダー”を代表する存在である、はるな愛との対話を通し、世間の求めるレッテルに抗うがあまり、いつの間にか自分もがんじがらめになって「闘い過ぎている」ことに気づかされる。何かを志し、何かを変えようとしたことがある人であれば、誰もが経験するだろう挫折、葛藤…。そこには、“自分らしく”生きるためにもがき苦しむ、青春の1ぺージがあった。

 本作は、「ロサンゼルス・ダイバーシティ・フィルムフェスティバル」でドキュメンタリー賞を日本映画としては初めて受賞(英題:You decide.)。監督は、ニューヨークで映画製作を学び、三宅洋平の選挙活動を撮った『選挙フェス!』(2015年)が話題になった、新進気鋭の監督・杉岡太樹。人生の先輩としてはるな愛が、かたく閉ざされた楓の心に寄り添う。さらに、世界トップ5のビューティーコンテストのディレクターで、今秋に日本で初開催されるプラスサイズ女性のビューティーコンテスト「Today's Woman」を主催するビューティー界のカリスマことスティーブン・ヘインズがエグゼクティブプロデューサーを務めた。

 サリー楓と共にLGBT就職支援活動を行う株式会社JobRainbow代表の星賢人・星真梨子、日本アカデミー賞2冠に輝いた映画『ミッドナイトスワン』の脚本監修を務め、女の子になりたい男性を応援する「乙女塾」を主宰する西原さつき、浄土宗の僧侶でミス・ユニバース世界大会のメイクを担当し、Netflixの人気番組『クィア・アイ』日本シリーズに出演した西村宏堂など、新時代の旗手たちの登場も見どころ。

 サリー楓は「LGBT当事者であることは、数あるアイデンティティの一つにすぎない」と、述べる。杉岡監督は、サリー楓に会う前、「より多くの選択肢が認められる自由な社会を目指すために、今はまだその選択肢を認められない人を第三者が悪者として非難する」社会への危機感を感じていたという。

 パートナーシップ制度導入、同性婚の憲法違憲判決、東京レインボープライドに15万人参加など、日本でも多様性、ダイバーシティといった価値観が注目されている。新しい価値観にアップデートし、変化が求められる時代に、私たちはどう向き合うのか。多様性を受け入れること、価値観のアップデートには時間がかかり、その中で対立が生まれることさえある。大きい声にかき消される声があれば、大きい声を目の前に言い出せなくなる声もある。本当の意味での多様性、そして各々が認め合い、受け入れられる社会とはどう作られていくべきなのか。こうした映画を見ることから考えはじめてみるのも手だ。