カシオ計算機は、“Speed and Intelligence”をコンセプトとした高機能メタルウオッチ“EDIFICE(エディフィス)”より、『Honda Racing』とのコラボレーションモデル第5弾『EQW-A2000HR』を5月15日に発売する。

【拡大写真】『RC162』の印象的な黄色いラインがキラリ…伝説のレース蘇るメタルウォッチ『EQW-A2000HR』

『Honda Racing』は、本田技研工業(以下/Honda)が世界で展開するモータースポーツ活動の総称。高度な技術を駆使し、日本発のブランドとして世界へ挑戦し続ける姿勢が“EDIFICE”と通じることから、2018年よりコラボレーションを行っている。

 『EQW-A2000HR』は、ミドルサイズでスタイリッシュな電波ソーラーモデル「EQW-A2000」をベースモデルに、1961年に開催されたロードレース世界選手権『第2戦西ドイツGP250cc』で日本人ライダー高橋国光選手が初優勝してから今年で60周年を迎えることを記念し、優勝を飾ったレーシングマシン『RC162』を表現。

 アルミ叩き出しのカウルをモチーフに、ベゼルと文字板を特殊加工。ブラックの文字板には、燃料タンクをイメージした赤や『RC162』のボディカラーであるシルバーをアクセントとして配色したほか、印象的な黄色いラインや1961年当時のHondaロゴをあしらった。また、レーシングスーツをイメージした本革のバンドを使い、伝説のレースシーンを蘇らせている。