お笑いコンビ・フォーリンラブのバービー(37)が、10日放送のTBSラジオ『週末ノオト』(毎週土曜 後1:00)に生出演。9日に公式YouTube『バービーちゃんねる』で、3年間交際した年下の一般男性との結婚を発表して以降、初の生ラジオで喜びの声を届けた。

【動画】”結婚の決め手””お互いの呼び方”など…赤裸々に語ったバービー

 この日の番組冒頭、山本恵里伽アナから「本当にうれしいご報告ですよ」結婚を祝福されたバービーは「ありがとうございます!」と感謝。「リスナーのみなさん、結婚しました。リスナーさんは一番守ってくれるよと、伯山さんも『不倫したって守ってくれる』と言ってくれていますから」と笑わせながら「非常にドギマギしています。自分のプライベートをあまり話さないところがあるのですが、すべてここでお話したいと思っています」と伝えた。

 お相手について「31歳、教育関係、会社員をやっています。ハンバーグが好き」と紹介。「YouTubeで発表した時には、インターネットとホワッと言っていたのですが、インスタグラムです。ごめんなさいね。DMをもらった人に返信したの。それって、ファンに手を出していることじゃないって思ったでしょう? 5~6割そうです。でも、普段から男女問わずにフラットにDMを返したりするのですが、絶対にLINEは交換しないと決めていた。でも、文面だけでほかとは違うぞというか、信用できる感じがして…。ファンという訳ではなさそうな感じがして、人として友達になりたいっていうテンションで、フランクだけど誠実さのある文章で。なぜか彼だけ魔が差したというか、LINE交換をして」と恥ずかしそうに伝えた。

 その後、合コンを経て、福田彩乃とのグループ交際で愛を育んでいったそうで「甘酸っぱい感じをやっているうちに仲良くなっちゃって…(交際期間は)2~3年ですかね。そこら辺を一緒に歩いていても、まったく撮られることなどもなかったです」と回顧。プロポーズの状況について「地元の町おこしも手伝ってくれているのですが、冬のある時に、外で星を見ながら『座って』って。フォトブックというか、アルバムを作ってくれて、出会いからの日付をたどってくれて、そういうことを言ってくれたのよね」と明かした。

 その上で「結婚に関してネガティブに思っていた部分があったので、プロポーズの前から結婚の形について、ずっと話していたの。事実婚とか、いろんな選択肢があって、結論が出せないまま、プロポーズをしてくださったのよね。私は答えが出せずに、指輪とかいただけても、即答できずに、1年くらい過ぎました。でも、この度、いろいろと形をまとめようということで、2人で話し合ってまとめました。いろいろネックになったのは、名前がどちらかひとつに絞らないといけないということですね」と打ち明けた。

 どちらの姓にするかを話し合っていく中で、さまざまな形も模索したが「法律婚」をすると決めた理由について「授かれるかはわからないけど、子どもを見据えた時に、共同親権を持てるのが法律婚しかなかった。調べ物をしていく。手術の同意書とか生命保険とか。何よりほしかったのは、マイルを共有したかった(笑)。それで2人で旅行に行きたかった。という意味で、こういう形を取らせていただきました」と語っていた。

 『バービーちゃんねる』内の記者会見風の動画で結婚を発表したバービーは、お相手について「日本人です。一般の方です」と報告。出会いのきっかけは、「インターネット」と明かし「マッチングアプリではない」としつつも「ほぼ、そんな感じです」と説明した。

 交際のきっかけは「友人期間を経て、その後、合コンをしました。幹事同士でくっつきました」といい、お相手の好きな所については「私の師匠である、島崎和歌子さん、私と彼と3人で(お酒を)飲んで自分(バービー)が酔い潰れても、和歌子さんと対等に付き合えるバイタリティー」と紹介した。