宮崎駿監督作品『ハウルの動く城』(2004年)の原作者で「ファンタジーの女王」とも呼ばれるイギリスの作家、ダイアナ・ウィン・ジョーンズによる児童書を原作に、企画・宮崎駿、監督・宮崎吾朗の下、国内外から結集した精鋭スタッフによって制作されたスタジオジブリ初のフル3DCGアニメーション『アーヤと魔女』。昨年12月30日にNHK総合テレビで放送された本作が、一部新たなカットを追加し、4月29日(木・祝)より劇場の大スクリーンで上映される。

【動画】新ヒロイン誕生!ジブリがいっぱい特別映像

 この度、本作のヒロイン・アーヤと、歴代ジブリヒロインの映像を織り交ぜたマッシュアップ特別映像<新ヒロイン誕生!ジブリがいっぱい特別映像>が解禁された。

 強く、優しく、誠実で、見る者の心に勇気を与えてくれる存在のジブリのヒロインたち。映像は、『魔女の宅急便』のヒロイン・キキがほうきで街の上空を飛んでいる映像から始まり、『天空の城ラピュタ』、『もののけ姫』、『となりのトトロ』、『コクリコ坂』、『千と千尋の神隠し』、『崖の上のポニョ』、『ハウルの動く城』、『風の谷のナウシカ』といった、誰もが一度は目にしたことのある過去9つの名作から、ヒロインたちの冒険と成長、そして感動のワンシーンを繋ぎ合わせた。

 そして、映像の途中で空気は一転。雷の轟音とともに映し出されたジブリの新ヒロイン・アーヤは、これまでのヒロインのイメージとは一味違う! 目を見開いたり、鼻をつまんだり、大口をあけて笑ったり、表情豊かでおてんばいっぱいのアーヤは、周りの人間を賢く操るしたたかな少女。でも実は、どんなに嫌なことがあっても、怒られても、けしてへこたれない、今の時代に現れるべくして現れた新ヒロインともいえるのだ。事実、アーヤのたくましくひたむきな姿は、昨年12月のテレビ放送後、絶賛の声と共に大きな話題となった。

 解禁された特別映像で、生き抜くために必要なたくましさと賢さ、そして周りを幸せにする力を持つ、歴代のヒロインとは少し違う、アーヤの強さと魅力に触れてみて。

 なお、今夜(9日)放送の日本テレビ系『金曜ロードショー』(後9:00~)では、『アーヤと魔女』を手掛けた吾朗監督の長編アニメーションデビュー作である『ゲド戦記』を放送。番組内で、マッシュアップ特別映像のアザーバーションを見ることができる。