モデルで女優の白石麻衣が9日、茨城・アサヒビール茨城工場で行われた『スーパードライミュージアムオープン記念 アンバサダー就任式』に出席した。

【動画】無邪気にガッツポーズする白石麻衣

 アサヒビールは、同工場をスーパードライの世界観が体験できる、スーパードライミュージアムとしてリニューアルオープン。20日より一般来場を開始する。

 同ミュージアムのアンバサダーに就任した白石は「アンバサダーとして多くの魅力を伝えていきたい。たくさんの方に見学していただけるきっかけ作りをできたらいいなと思います」と笑みを浮かべた。

 この日は白石のアンバサダー初仕事として、できたてのスーパードライのビールサーブに挑戦。アサヒビール専務取締役の松山一雄氏に飲んでもらうため、猛特訓したそうで「専務にいただいてもらうということで緊張してるんですが、最上級のおいしいビールを注ぎたいと思っております」と意気込みを語った。

 ビールの感想を聞かれた松山専務は「完璧です!」と絶賛し、白石は「良かった!」と笑顔でガッツポーズ。どのくらい特訓したかと聞かれた白石は「3、4回くらいやらせていただきました。お恥ずかしい!」と照れた様子だった。