女性の体調管理や妊娠、出産などをサポートするサービス「ルナルナ」。2000年のサービス開始から20年以上に渡り活用され、アプリのダウンロードは1600万件を突破。生理日予測だけでなく、妊活にも幅広く活用され、女性のライフスタイルに寄り添う活動を続けている。政府による“生理の貧困”支援や、企業で独自の取り組みなど、社会全体で女性の体への意識が大きく変化している今。第一人者として走り続けてきた「ルナルナ」を運営する株式会社エムティーアイのルナルナ事業部・那須理紗氏に、変化の意味と今後の課題を聞いた。

【画像】「ルナルナ入れてる=彼氏持ち」アプリへの誤認識が元でTwitterトレンド入りに…公式の反応は?

■サービス承認に7年も、生理の“タブー視”は時代とともに変化

――まずは、「ルナルナ」を開発したきっかけを教えていただけますでしょうか?

 多くの方が手帳などアナログで管理していた生理日を、モバイルで管理出来たら便利なのではという発想から、2000年にガラケーでサービスを開始しました。スマートフォンの普及に伴い、2010年からはスマホ向けのサービスを開始しています。

――スマホになってから、認知度も上がりましたか?

 CMや口コミなどで広がっていたので、ガラケー時代から認知度はありました。スマホに移行した後も、元々知っていてダウンロードしてくださった方が多かった印象です。ただ、ガラケー時代は着うた(R)などと同じで、お金がかかるサービスがメインでした。でもスマートフォン向けのアプリは基本無料でお使いいただけるので、ユーザー数が拡大するポイントになりました。

――利用者数や年齢層に変化はありましたか?

 スマホ向けサービスの開始から10年経って、昨年の11月の時点で1600万ダウンロードされています。利用者の分布は大きく変わっていませんが、スマホの普及率に比例して幅が広がっている状況です。簡単な生理日管理機能であれば無料で使えるので、学生さんにもたくさんご利用いただけるようになりました。

――この20年間で、生理への理解が変化してきている実感はありますでしょうか?

 かなり変化してきたと思います。「ルナルナ」は2000年にスタートしていますが、生理に特化したサービスだったので携帯キャリア3社すべてに承認いただくまで7年間かかりました。CMでも生理という直接的な表現が引っかかって調整をすることもありました。いまだにタブー視する傾向は完全になくなってはいませんが、テレビでも生理というワードが普通に放送されているのが一番変わったポイントだと思います。

――消費者の方の考え方も変わってきているのでしょうか?

 そうですね。ホルモンバランスによる体調変化や妊活をされている方向けに妊娠しやすい日をパートナーに共有する機能があります。ガラケー時代は、女性からも男性からも「パートナーと共有することに抵抗感がある」という意見がありました。しかしスマホに移行後に、改めて機能を追加したところ「待ってました」という声を多くいただくことができました。

――ポジティブな意見に変わったんですね。

 男性側も女性の不調に対して意識を持つ方が増えましたし、気づかってくれることが恥ずかしいなどではなく、ありがたい、素敵だなって感じてもらえるようになってきたのではないでしょうか。隠すものではなく、共有する意識に変わったのだと思います。

――確かに、一昔前と比べて隠すものではない印象に変化してきたように感じます。

 TwitterなどのSNSでも、生理に関して呟く方が増えてきています。昔は、生理っていうワードを使わずに“あの日”とか“女の子の日”、“ルナルナがきた”なんて言っていただくこともありました(笑)。今年に入ってからは特に、著名人の方がPMSの話をしたりと、普通に話していいことなんだなという意識が広がりつつあるのを感じます。

■10年以上のデータを解析してアルゴリズム化 妊活に向けた取り組みが大きな転換に

――20年目を迎えて昨年ブランドをリニューアルされましたが、サービス改善で心掛けていることはありますか?

 大事にしていることは、ユーザーに寄り添うことです。そのため、日々お客様へのアンケート調査を行って、皆様の反応を見ながらサービスの改善を進めています。女性の意見は多様なので、様々な声を取り入れつつ、配慮すべきところを慎重に検討していますね。

――これまでのサービス改善の中で、画期的だった機能はありましたか?

 1つは、妊活の方向けへの有料サービスの“仲良し日予測”です。排卵予定日は、どんな生理周期の方でも一律マイナス14~16日をひいた数値という考え方の“オギノ式”がありますが、女性の生理周期は長い方もいれば短い方もいて幅があります。一律の計算式ではなく、お客様に合った予定日や妊娠しやすい日があるのではという仮説から、10年以上の蓄積されたデータを解析してアルゴリズム化しました。お預かりしたデータを有効活用するという意味では、画期的な取り組みでした。

――自分で手軽に予測することができるのは、とても便利ですよね。

 妊娠したいけどできないという悩みがとても多かったことが開発に至った経緯で、妊活のファーストステップとしてご利用いただく方が多いです。それと、もう一つ新しい取り組みとして、自分のデータを婦人科にかかる際にお医者さんに見せることができる“ルナルナメディコ”というサービスも始めました。

――自己管理で使っていたデータを、そのまま医療機関で活用できるのは画期的ですね。

 せっかく基礎体温をスマホなどで記録していても、婦人科によっては専用の紙に書きうつさなければならないケースもあり、それが面倒で通院をやめてしまうということもあるようです。受診をサポートするツールとしてご利用いただけるようになったことは、一つの転換期でもありました。

■思わぬ形で「ルナルナ」がトレンド入り「知らないのではなく、知る場がないのが問題」

――先日、Twitterでルナルナへの認識に誤解が伴った投稿が注目を浴び、「ルナルナ」がトレンド入りしました。間違った認識が広まってしまう懸念については、どうお考えでしょうか?

 正しく知らない方ではなくて、知る機会がないことが課題だと考えています。男性や女性と言うくくりではなく、女性の体に関わることを知る場が少ないと考えています。保健体育の授業で説明を受けたあとは、自分で興味を持たない限りアップデートする機会が少ないことが課題と感じています。

――知る場が少ないことが問題なんですね。

 そう思います。生理の症状は人によって様々なので、男性だけでなく女性も自分の物差しで計ってしまいがちな一面もあります。ルナルナでは20周年を機に、より多くの人に女性のカラダの仕組みや生理による揺らぎについて正しく知り、理解しあうことを目的とした学びの場を創出するプロジェクト「FEMCATION(フェムケーション)」をスタートしました。

――フェムケーションの第一弾としてTwitter公式アカウントにて1日1回、一問一答形式の生理への理解度テストを開始していますが、反響はいかがでしょうか。

 たくさんの方に参加していただいて、とてもありがたいです。今後、知識が浸透していくよう正しい情報を発信していきたいですね。

――女性の健康課題をサポートする企業やサービスが増えたり、政府が女性支援への交付金の拡充や生理用品の無料配布など、ルナルナローンチ前には考えられなかったようなサポートが実施されています。その状況について率直にどう思われますか。

 すごくいい流れだなと思っています。生理がタブー視されていたのと一緒で、女性の体にまつわる不調や悩みは、我慢するものだという意識がいまだに染みついてしまっている部分もあると思っています。女性の人生を考えた時に、毎月つき合うホルモンバランスに、必要以上に振り回されてしまうのは幸せの実現において課題だと考えていますので、必要なときにオープンに話せる環境や、サポートが増えることはとてもいいことですよね。

――最後になりますが、今後の取り組みの目標はありますか?

 今後は、女性の体に関わる悩み・不安は、医療で解決できる部分も非常に大きいため、医療連携を広げることに力を入れていきたいです。検診で婦人科を受診するタイミングや、かかりつけ医の活用など、体にまつわる悩みを一人で抱え込まないような支援を目指します。また、フェムケーションで社会の意識の変化を後押ししつつ、女性がより生きやすく、暮らしやすく、働きやすい社会の実現をサポートできたらと思っています。
(取材・文/辻内史佳)