人気グループ・Snow Man(岩本照、深澤辰哉、ラウール、渡辺翔太、阿部亮平、宮舘涼太、佐久間大介、向井康二、目黒蓮)が7日、新橋演舞場4・5月公演『滝沢歌舞伎ZERO 2021』初日前会見に登壇した。(以下、公演内容のネタバレを含みます)

【集合ショット】”もみあげ手裏剣ポーズ”を披露した向井康二ら、Snow Manが登場!

 2006年に『滝沢演舞城』として誕生し、2019年『滝沢歌舞伎 ZERO』としてSnow Manに受け継がれた人気公演が2年ぶりにホームグラウンドである同所にて上演される。昨年公開の『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』で、映画監督にも挑戦した滝沢秀明氏が今回も演出を担当。和をモチーフとした唯一無二のエンターテインメントを繰り広げる。

 ダンスや歌はもちろん、アクロバット、殺陣、時代劇『鼠小僧』など、約75分の第一部、約50分の第二部で構成。そんななか“最年少”ラウールは「深澤くんの注目ポイントは、歌舞伎メイクのあとすぐに落としてダンスシーンがあるのですが、深澤くんは全然メイクが落ちてない。緑のメイクのまま出てくるんです」と“最年長”の深澤をイジる場面も。

 これに深澤は納得がいかないようで「これは違う、肌質です。ラウールとは違うわ! 10代と20代の違いです。気をつけます。ラウールはすぅっと落ちるんです。僕はウッウウウっと、削るようなイメージです」と気合を入れてメイクを落としている様子を再現してその場を沸かせた。

 また、名物『腹筋太鼓』の話題では佐久間が「もう必死ですよね。僕と向井、目黒は、(自身が担当する)メカ太鼓が開く前にバチでお互いを叩きあって気合をいれてるんですけど。そこからは終わるまで、もうその記憶がない」と過酷ぶりを明かす一方で、バキバキの肉体美を誇る岩本は「腹筋にきてるけど、どこが一番くるのか探してる。ヒイヒイいってるみんなを見ながら」と余裕の表情。

 すると今度は渡辺から「みんなが腹筋を痛がっている中、深澤くんだけお股を痛がってる」と暴露が。一人“股関節太鼓”になってしまった深澤は「正直、めちゃくちゃ(痛く)なりまして、なぜ僕はここが痛くなるのか、岩本さんに聞いたら、こうしたら腹筋に負荷も来るよ、みたいに教えてもらいました。きょうまで間違ったやり方をしてた」と報告すると、向井は「何年やってんの?」と呆れた声。深澤は「今はしっかり腹筋にきてます。僕は今、(“腹筋太鼓”)初演です」と胸を張ってアピールしていた。