お笑いコンビ・マヂカルラブリーが7日、都内で行われたテレビアニメ『セスタス -The Roman Fighter-』(フジテレビ14日放送開始)試写会イベントに登場。身長181センチ、体重100キロの村上だが、キャラクター作りもあり、10年以上体型を維持していると打ち明けた。(※身長、体重は公式サイトのプロフィールから)

【写真】顔面ゆがむ!元プロボクサーのパンチを受ける野田クリスタル

 今では筋肉芸人として地位を固めている野田クリスタルだが、最近は多忙で「この4ヶ月は鍛えられていない」とし、村上も「ぶよぶよになっている」と指摘。そんな村上の体形はコンビ結成の2007年から100キロを維持しているという。

 村上はコンビを組む前、大学時代は法政大学のお笑いサークルに所属し、芸人活動をしていた。筆者は村上と同じサークルに所属しており、「今と体型が変わらないと思うのですが、多忙の今、体重は減っていますか?」と質問すると、村上は「まったく変わっていない!」ときっぱり。

 M-1優勝の影響で暴飲暴食で増加、多忙で減るなどありそうだが、「M-1優勝してから、4~5キロくらいは減っています。多忙だからではなく、ダイエット。お弁当のお米を半分くらい残したり」とニヤリ。これについて野田は「定期的に自分の(体重維持の)ラインがあるらしくて、ここまでいったらダイエット、ここまでいったら食べるを繰り返している」と説明した。

 結成から10年以上経過するが村上は「イメージにないくらい、太ったり痩せたりはないのよ~。ずっと同じキャラクターでいるためかな」とし、「髪型も中学校から一回も変えたことはない。大学の時も今の髪が耳くらいまで伸びるかで、髪色も(黒から)変わったことないし」と“キャラクター維持”のためだと打ち明けた。

 同アニメは、1997年に『ヤングアニマル』(白泉社)にて連載がスタートし、23年経つ現在も掲載誌を変えながら物語が続いている漫画『拳闘暗黒伝/拳奴死闘伝セスタス』が原作。古代ローマを舞台に、過酷な運命に苦悩しながら自由を求め這い上がっていく、一人の少年奴隷・セスタスの成長ストーリー。格差社会を拳ひとつで生き抜くセスタスと、不遇な時代を乗り越え『M-1 グランプリ』を優勝するなど、彼と境遇が似ていることから、マヂラブ2人がゲストとして招かれた。