女優の松たか子が主演を務め、岡田将生、角田晃広(東京03)、松田龍平が共演するカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(13日スタート 毎週火曜 後9:00)のリモート記者会見が7日、オンラインで行われた。

【写真】松田龍平、角田晃広、岡田将生が“元夫”役で共演

 コロナ禍で不安な社会情勢が続く今だからこそ、個性豊かな4人が織りなすクスッと笑えて、泣けて、時々身につまされるロマンティックコメディー。松が“バツ3”の独身女性・大豆田とわ子を演じ、とわ子のことを忘れられない元夫役を岡田、角田、松田が務める。

 三者三様の共演陣について松は「皆さん、面白い瞬間を見逃さない、そして面白くなりそうな空気を感じたら突き進んでいく。その中でお芝居をしていてとても楽しいです」と笑顔で話しながら「安心感もあり、緊張感もある。私も頼りすぎないようにしながら、頼りにしていて、俳優さんとしても役としても魅力的な皆さんです」とリスペクトの眼差しを向けた。

 作風になぞらえて「譲れない結婚の条件」を問われた松は「どうしようもなくダメな所がある人」と挙げ「条件というか、完璧じゃない人のほうがいいかな。人間だから間違いはある。その間違いを許し合いながら生きていった方が楽しいと思います」と持論を展開。男性陣も共感を示し、岡田は「ダメな所を逆に褒めてくれる。こんなうれしいことはないですし、希望ですよね」とほほ笑んでいた。

 また、役柄について話題が及ぶと、最初の夫で“モテ男”を演じる松田が「どうやったらモテるんだろうなって考えたんですけど、モテる定義を考えることは難しくて、一回考えることを止めました。八作は(女性にとって)受け皿のような人なのかな」と苦戦した様子を明かしていた。