お笑いコンビ・マヂカルラブリーが7日、フジテレビ本社で行われたテレビアニメ『セスタス -The Roman Fighter-』(フジテレビ/14日放送開始)試写会イベントに登場した。

【写真】顔面ゆがむ!元プロボクサーのパンチを受ける野田クリスタル

 同作は、1997年に『ヤングアニマル』(白泉社)にて連載がスタートし、23年経つ現在も掲載誌を変えながら物語が続いている漫画『拳闘暗黒伝/拳奴死闘伝セスタス』が原作。古代ローマを舞台に、過酷な運命に苦悩しながら自由を求め這い上がっていく、一人の少年奴隷・セスタスの成長ストーリー。格差社会を拳ひとつで生き抜くセスタスと、不遇な時代を乗り越え『M-1 グランプリ』を優勝するなど、彼と境遇が似ていることから、マヂラブ2人がゲストとして招かれた。

 格差社会を描いた作品だが、コンビ間で早くも格差があるという。村上は「コンビでそろって衣装を着ていると(スタジオに)は入れたりするじゃないですか、顔パスというんですかね。きょう僕は(局に)私服で1人で来たのですが、止められました」と顔パスできなかったと話すと、野田クリスタルは「えっ!? 俺、顔パスだった」と驚き。

 相方が顔パスできたことは知っていたという村上は「(受付の人に)『待っていてください』と言われてテーブルに座っていたんです。そうしたら野田が顔(パス)で入っていったんです」「なんでだよ!」と嘆き。続けて「そうしたら、受付の人たちも野田が行ったの気づいたので、『あわあわあわ…』と慌てて。警備員の人も4人くらい集まって会議をして、『あいつは誰なんだ?』」と笑わせ、野田も「芸人か芸人じゃないか論争が起きていました」と伝えた。

 顔パスできなかった原因について村上は「(いつも衣装で着ている色の)ピンクが足りなかった。マスクもしていましたし、野田さんはもう、髪の毛でわかるからな~。そういうのもあったかな」と分析した。