6日放送のABCテレビ『相席食堂』(毎週火曜 後11:17※関西ローカル)では、100回記念SPと題して、とある事情で地上波から姿を消した極楽とんぼ・山本圭壱、TKOの木下隆行の2人が、再起を賭けて天使の姿をした超希少生物を探す「エンジェル相席」を行う。

【画像】先着購入者特典としてプレゼントされるロゴステッカー

 過激キャスティング1人目の山本は、北海道の知床半島で“流氷の天使”と呼ばれるクリオネ、一方の木下は沖縄県の石垣島で紫色をしたクリオネそっくりの生き物“南国のクリオネ”を探す。

 山本が降り立ったのは、一面銀世界の流氷のど真ん中。クリオネ探しは、神秘的な絶景とは裏腹に、逃げ場のない極寒の超過酷ロケとなる。しかも、ガイドから遭遇確率はほぼゼロと聞き、絶体絶命の状況に陥るが、「見つけないと俺は終わり」「逆にチャンス」と体を張り続ける。

 木下は、遭遇確率50%と比較的ラッキーなコンディションの中、石垣の美しい海で南国のクリオネを探すが、ノブが「この人ペットボトル投げただけやんな?」と思わず同情してしまうほど、予想外の事態へ。「俺たちにはもう後がない」と『相席食堂』出演を足掛かりに、地上波完全復帰を目指す2人。果たして2人に天使はほほえむのか。