2004年にデビューし、母国・韓国のみならず日本でも圧倒的な人気を誇るアーティスト、ジェジュン。3月に自身の冠番組『ジェジュンJ!』(BSスカパー!)がスタートするなど、ますます活躍の場を広げている彼の真髄と夢のルーツを探す旅を切り取ったドキュメンタリー映画が製作された。タイトルは、『ジェジュン:オン・ザ・ロード』(原題:「ON THE ROAD an artist’s journey」)。うれしいことに、全世界に先駆け今夏、劇場公開されることが決定した(配給:ローソンエンタテインメント)。ジェジュンから映像コメントが届いている。

【動画】ジェジュンコメント映像

 大ヒットを記録した映画『私の頭の中の消しゴム』や『サヨナライツカ』の奇才、イ・ジェハンが監督を務め、ドラマ『梨泰院クラス』を手掛けたパク・ソンイルが音楽を担当した注目作。

 この映画で描かれるのは、ジェジュンがステージで見せるアーティストの顔ではなく、まっさらな一人の青年として自己と向き合い、自分のこれまで生きてきた人生を辿りながら、自分自身を探っていくというもの。

 コンサートのバックヤード映像や稽古風景、創作活動の様子なども織り込みながらも、映像のほとんどはイ・ジェハン監督を相手に、ある時は自分で車を運転しながら、またある時は自分の部屋で、複雑な生い立ちや、裕福とは程遠い少年時代のこと、「X JAPAN」に衝撃を受けた話、兵役を経て価値観が大きく変わったこと、初恋の思い出や恋愛観、初めてロックに挑戦した曲「MINE」について、そして人々に衝撃を与えた「過去活動したグループ」にまつわる話などを語っていく。特にメンバーへの未だ消えることのない思いを言葉に詰まりながら語る姿は、誰もが胸を打たれるシーンとなるに違いない。

 さらに劇中では、小学生時代に暮らした思い出の地をめぐり、幼なじみに再会して笑顔で語り合い、友人たちに手料理をふるまう素顔のジェジュンも映し出す。同級生や恩師、軍隊時代の仲間、写真家、ギタリストのキム・テウォン、そして後輩アーティストらの証言からも、彼の真の姿を浮かび上がらせていく。

 密着したカメラが映し出したもの 。それは、アーティストを超えて初めて見せる、ジェジュンという一人の人間としての等身大の飾らない心。私たちと同様に人生に悩み、あがき、ささやかなことに喜びを見出す彼は、人々に夢を与え続けるために、これから何を目指しどこへ向かっていくのか? ファンならずとも感動を覚えるドキュメンタリー映画として、この夏一番の話題作になることは間違いない。

■ジェジュンのコメント
 この度、僕のドキュメンタリー映画『ジェジュン:オン・ザ・ロード』が公開されることになりました。僕の生きてきた道を振り返りながら、今まであまり話したことのない想いや、僕の考える未来についての想いなど、たくさん語りました。僕の大好きな映画『私の頭の中の消しゴム』の監督でもある、イ・ジェハン監督に撮影していただき、とても素敵な作品になったと思いますので、たくさんの方に劇場で見ていただけたらうれしいです。

■公式ホームページ
https://jaefans.com/