俳優の山田裕貴、田中圭が5日、都内で行われた映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』(5月7日公開)の完成披露イベントに参加。田中の暴走気味の提案に、山田が戸惑う場面があった。

【写真】わちゃわちゃ!田中圭のむちゃぶりに戸惑う山田裕貴

 1998年、長野冬季五輪のラージヒル団体で日本初の金メダルを獲得した岡部孝信、斎藤浩哉、原田雅彦、船木和喜の4選手を裏で支えたテストジャンパーにスポットを当てた実話を描いたもの。田中は、94年リレハンメル大会のスキージャンプ団体で日本代表をけん引するも銀メダルに終わり、長野五輪では代表落選を味わった西方仁也氏を、山田は、聴覚障害のあるテストジャンパー・高橋竜二役として出演する。

 本来は昨年6月に公開予定だったが、約1年遅れで封切りを迎える。田中は「いろいろあり公開が延期になって、5月7日に公開すると決まったときはうれしかった」と思いの丈を語り「何事もなく普通に公開するのがよかったかもしれないけど、個人的には楽しみが1年伸びた。ワクワクする気持ち。楽しい1年をプレゼントしてもらった」と前向きにとらえていた。

 ムードメーカーだった高橋役を務め、この日は高橋氏も来場。「いざ完成を試写室で見て、出ていったときに『本当にいい映画に参加させてもらった』と感じて試写室を後にした。たくさんの人に見てほしいと思った」と振り返る。ようやく公開日が決まり「やっとスタートバーに腰をつけて『行けるかな』と思えた日だった」としみじみ。

 いい空気感となったが、ここで田中は「飛んどく?」と山田に衝撃的なむちゃぶり。「俺、スタートバーやるよ?」とお尻の下に手を伸ばそうとし、これには百戦錬磨の山田も困惑しきりで「大丈夫です…。あの…。マジメにしゃべろうと思っていたんですけど…」と苦笑い。田中は「ごめん、ごめん」とサラッと謝り、会場は爆笑だった。

 舞台あいさつには、土屋太鳳、眞栄田郷敦、小坂菜緒(日向坂46)、飯塚健監督、西方仁也氏、原田雅彦氏も参加した。