ロッキング・オン・ジャパンは5日、毎年5月に開催してきたフードフェス『まんパク』を、今秋に開催することを発表した。

【写真】夜も大賑わい!テント×明かりが幻想的な雰囲気を醸し出す『まんパク2019』

『まんパク』は、「満腹博覧会」の略称。音楽フェスの飲食エリアを元に2011年にスタートし、フェス飯からご当地グルメまで、多彩なジャンルが一同に集結する日本最大級の野外フードフェス。本来10回目を迎える予定だった昨年、新型コロナウィルス感染拡大の影響で開催が困難と判断され、中止となっていた。

 事務局は秋の開催になったことについて、「新型コロナウイルス感染症対策を施した上で、19日間にわたる長期の食祭空間をつくるためには、もう少し時間が必要だと判断しました」と理由を説明。「期せずして、10回目のまんパクは初回と同じ食欲の秋に戻ってきます。もう少しだけ、お腹を空かせて待っていてください」と来場者へ呼びかけた。

 この発表に、SNSでは、「まんパク待ってましたー!」「まんパク今年やんの?激アツやんけ!!」などの開催を喜ぶ声が上がっている。

 なお今年は、9月16日から10月4日までの19日間にわたり、国営昭和記念公園みどりの文化ゾーンで開催される。