ハリウッド版「ゴジラ」シリーズと『キングコング:髑髏島の巨神』(2017年)の壮大な世界観がクロスオーバーする「モンスター・ヴァース」シリーズ最新作『ゴジラvsコング』が、ハリウッドを含む北米(アメリカ・カナダ)で現地時間3月31日に公開され、世界の興行概況を東宝が発表した。

【動画】ハリウッドデビュー小栗旬の姿も!『ゴジラVSコング』予告映像

 北米では、初日に2409館、週末に3064館で上映され、初日の興行収入は960万ドル(約10.6億円)となり、コロナウィルスのパンデミック以降、初日の興行成績としては北米マーケット史上最高の成績を記録(これまでは、『ワンダーウーマン1984』の760万ドル)。また、公開後最初の週末となった4月2日~4日の3日間の興収は3220万ドル(約35.4億円)にのぼり、週末興行ランキング(Warner Bros. Pictures発表)で第1位を獲得した。公開から5日間の成績は4850万ドル(約54.2億円)に達し、コロナ禍以降、公開週末興収&公開5日間興収ともに北米で最高の成績でスタートを切った(1ドル=110.57円で換算)。

 本作では、映画史上で最も象徴的な伝説の2大モンスター、<破壊神>ゴジラと<守護神>コングが激突。かつて日本で制作された『キングコング対ゴジラ』(1962年)以来となるマッチメイクが、再び実現し、日本から小栗旬が出演。本作で小栗が演じる芹沢蓮(せりざわ・れん)は、ハリウッド版「ゴジラ」シリーズ前2作で渡辺謙が演じた芹沢猪四郎博士の息子という、重要な役どころ。小栗にとってはハリウッドデビュー作となる。

 先日3月24日を皮切りに、中国、メキシコ、オーストラリア、インドなど、公開された37の国と地域の全てで公開週末興行収入ランキング第1位を獲得しており、北米と併せて全世界でランキング1位を獲得。これまでに、全世界での累計興行収入は2億8540万ドル(約315.6億円)を記録するなど、まさに、ゴジラとコングの究極対決を描いた本作に相応しい“地球最大規模”での大ヒットスタートとなったようだ。

 なお、日本では5月14日公開。海外でのヒットを記念し、新しいビジュアルが解禁された。崩れ行くビルの中から何もなす術がないという人間の視点で、圧倒的なゴジラとコングが描かれている。

■『ゴジラvsコング』コロナウィルスのパンデミック以降(2020年3月20日以降)、北米市場における記録
★最大の公開劇場数:3064劇場
★最大の初日興行収入:3月31日(水) 960万ドル
★一日あたりの最大興行収入:4月3日(土)1250万ドル
★最大の公開週末興行収入:公開3日間 3220万ドル、公開5日間 4850万ドル