読書好きとしても知られる元欅坂46の長濱ねるが、2021年度で創設25年目を迎える幻冬舎文庫の本年度フェアキャラクターを務めると5日、発表された。女性としてはフリーアナウンサーの夏目三久以来、8年ぶりの起用となる。

【別カット】女性として8年ぶりにフェアキャラクターに起用された長濱ねる

 2021年4月~2022年3月の1年間、長濱のビジュアルを使った各種キャンペーンを、幻冬舎文庫を取り扱う全国書店や同社ウェブサイトで展開する。

 長濱は「このお話をいただけて、本当にうれしくて光栄です。自分が大好きな本屋さんに、本を薦める立場として携わることができる、すごく幸せなお仕事だなと思いました。今回、一年間務めさせていただけるということで、今年一年は自分も、もっともっとたくさん本を読みながら過ごしたいなと思います」と喜びのコメントを寄せた。

 幻冬舎文庫の高部真人編集長は、長濱の起用について「どなたにキャラクターをお願いしたら若者に書店に足を運んでもらえるだろうかと考えた時に、真っ先に思い浮かんだのが、長濱ねるさんでした。彼女が欅坂46のメンバーだった頃から読書がお好きだということは耳にしておりましたし、文庫本を手にした姿もイメージにぴったりでした」と語っている。

 8日より全国書店にて開催する『幻冬舎文庫25周年記念大ベストセラーフェア』の全ての対象商品に、長濱の特製フェアしおりを封入する。さらに抽選で20人に長濱のサイン入りフェアポスターをプレゼントする。

■2021年度 幻冬舎文庫フェア概要
期間:2021年4月~2022年3月(年3回)
・4月8日より開催『幻冬舎文庫25周年記念大ベストセラーフェア』
・8月初旬より開催『心を運ぶ名作100。』
・12月初旬より開催『幻冬舎文庫冬の読書フェア』

・2021年度幻冬舎文庫フェア詳細URL:https://www.gentosha.co.jp/t/bunkocamp2021
・撮影メイキング動画URL:https://youtu.be/HfW9l0FPtso