俳優の椎名桔平、吉田鋼太郎、光石研が5日、東京・六本木のテレビ朝日で行われた4月15日放送スタートのテレビ朝日系ドラマ『桜の塔』(毎週木曜、後9:00)の制作会見に出席した。

【全身ショット】警視庁の制服姿で登場した広末涼子

 同作は、桜の代紋を掲げる警視庁を舞台に、その頂点=警視総監の座をめぐり、激しい出世バトルを描いていくストーリー。幼少期の“ある出来事”が火種となり、権力を手に入れることを渇望するようになった警視庁捜査共助課の理事官・上條漣役で玉木宏が主演する。

 権力闘争の中心に鎮座するスリートップとして光石、吉田、椎名が出演。光石演じる「東大派」の警務部長・吉永晴樹、吉田演じる「薩摩派」の警備部長・権藤秀夫、椎名演じる「外様派」の刑事部長で漣に目をかける千堂大善が三者三様の攻め方で虎視眈々と警視総監の座を狙う。

 光石は「今回は珍しく野心家の役をやらせていただいてます(笑)。まだまだ警視総監を目指して、ギスギスした同僚たちと頑張ってやっております」と説明し、吉田は「あまり知らなかったんですけど、警察には派閥があるんですね。漠然としたものではなく、確固たるものが。僕は2大派閥の1つの『薩摩派』のボス。野心家で手段を選ばないところもあるけど、九州男児である意味、人間らしい。椎名桔平さん、光石研さんとのお芝居がほとんどですが、まぁ個性が強くて、アクが強くて、芝居がうまい。充実した演技ライフを送らせていただいております」と笑顔を見せた。

 一方の椎名は「吉田さんは2大派閥とおっしゃいましたけど、私は外様派の長。どこにも属していないフリーランスの派閥(笑)。そこで刑事部長まで上り詰めいている段階。この3人で警視総監を狙っている」と役柄を語ると「今の時代に、これだけ骨太なエンターテイメントなドラマ。僕は大好きで、とても楽しみにしてました。脚本の武藤さんが面白いエンターテイメントを書いてくれる。せりふを言うたびにゾクゾクする」と作品の魅力を熱っぽく語っていた。

 敵対する役柄ではあるが、役名を言い忘れた光石を吉田がフォローするなど、会見中は和気あいあい。途中で椎名が「やっぱり吉田さんの『2大派閥』が納得いかなくなってきて…。3大派閥って言ってくれればいいのに」とチクリとし、吉田は「リアルに考えると2大派閥。でも、このドラマでは、そうじゃない外様のマイナーな椎名桔平演じる千堂がのし上がってくる面白さがある。2大派閥は負けちゃいそうじゃない? まだ話の内容がわからないけど」と慌てていた。

 そして、椎名は「楽しいんですよ、もう。きのうも3人がそろうシーン。とにかく楽しくてね」と話し、光石も「個性の強い、桔平さんと鋼太郎さんのお2人と丁々発止できるのが楽しい。きのうは楽しかったですね~」と同調。そして、椎名は「警察学校で同じ釜の飯を食った3人。昔なじみの感じもあった方がいい。そういう意味ではベストな関係性じゃないですか」と水を向けると吉田は「スゴい骨肉の争いを警視総監になるためにするけど、ベースとして実は3人は仲がいい。若いころは飲みに行ったり、希望を語り合った。その3人が出世のために決裂していく。そういった意味で、やりがいが倍になる作品ですね」と見どころを説明していた。

 会見には、玉木宏、岡田健史、仲里依紗も参加した。