『UNDERWATER LOVE おんなの河童』『れいこいるか』『こえをきかせて』など、幅広いジャンルの映画作品を世に送り出してきたいまおかしんじ監督の最新作『葵ちゃんはやらせてくれない』。このたび、ゾンビ姿の葵ちゃん(小槙まこ)と川下先輩(森岡龍)が「好きだ!」と連呼する場面からはじまる予告編が解禁された。

【動画】映画『葵ちゃんはやらせてくれない』予告編

 本作は、「幽霊と共にタイムスリップする」という突飛な展開を軽々と超越し、誰もがかつての淡い恋を思い出さずにはいられない、おかしくもちょっと切ないタイムスリップ・ラブストーリー。

 映画監督志望の男・信吾の前に、1年前に自殺した大学時代映画研究部の先輩だった川下さんの幽霊が突然現れる。川下先輩は、大学時代に片思いをしていた後輩・葵ちゃんとセックスがしたくて自分の命日に蘇ってきたのだという。先輩の願いを叶えるため、もしかしたら川下さんが葵ちゃんとやれる唯一のチャンスだった大学時代のあの日に、川下先輩と信吾はタイムスリップ。果たして川下先輩は過去をやり直し、念願の葵ちゃんとやる事ができるのか!?

 先輩が想いを馳せるヒロイン・葵ちゃんに扮し、主演を務める小槙。葵ちゃんをめぐる物語の中心となる信吾役には、Netflixのリアリティ番組『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』に出演し話題を呼んだ松崎翔平(※崎は山+奇が正式表記)。信吾をタイムスリップへと誘う川下先輩を森岡が演じる。そのほか、ミュージシャンの三上寛などが脇を固める。

 川下先輩と信吾がタイムスリップしたのは、川下が監督を務める自主映画の撮影当日。「ゾンビがバンドを組んでコンテストに挑む」という映画の撮影現場で葵ちゃんと再会した信吾たちは、あの手この手で葵ちゃんと川下先輩をひき合わせようと画策するが…。予告編では、小槙が歌う「ゾンビバンド」「川下さんはやってくる」が初解禁。キャッチーで思わず口ずさみたくなる楽曲は、彼らの青春、恋愛、そしてその後歩む道、それらを示唆するような歌詞となっている。

 5月7日より東京・シネマート新宿で1週間限定レイトショー、5月中旬より名古屋シネマスコーレ、大阪シアターセブンにて上映決定。