女優の尾野真千子が4年ぶりに主演を務める映画『茜色に焼かれる』(5月21日公開)のポスタービジュアルと場面写真が解禁された。ポスタービジュアルでは、夕焼けの中、二人乗りをする親子の後ろ姿と、明日への希望を携えながら力強く微笑む尾野真千子演じる母親・良子の姿が切り取られている。

【動画】尾野真千子がたくましく生きる母親を熱演する予告編

 石井裕也監督最新作となる本作。主人公・田中良子(尾野)は、理不尽な交通事故で夫を亡くし、中学生の息子・純平(和田庵)を育てながら、施設に入院している義父の面倒もみていた。しかも、経営していたカフェがコロナ禍で破綻。花屋のバイトと夜の仕事の掛け持ちでも家計は苦しく、そのせいで息子はいじめにあっていた。次から次へと押し寄せてくる難題に対して、哀しみと怒りを心に秘めながらも、たくましく前向きに生きる良子。

 ポスターのコピーは、息子目線で「悪い冗談みたいなことばかり起きるこの世界で、母ちゃんも、僕も、生きて、生きる。」。自分の身に置き換えて考えることで、希望や勇気がもらえそうな物語。