俳優の中村倫也主演でコナリミサト氏の漫画を連続ドラマ化したテレビ東京系『珈琲いかがでしょう』が、きょう5日より放送開始(毎週月曜 後11:06~11:55※初回~第3話は5分拡大で~深0:00)。移動珈琲店を営む青山一(中村)は、行く先々で珈琲を淹れながら、人生に少し傷ついた人たちの心を癒していく。第1話のあらすじは?

【写真】“不器用女子”垣根志麻(夏帆)はレギュラーで登場

■「人情珈琲」

 垣根志麻(夏帆)は、誠実・丁寧・義理・人情をモットーに働くOL。その不器用さゆえ効率重視の部長(井上肇)には毎日のように怒られている。もてはやされるのはいつも、明るくて要領がいい後輩・馬場(足立梨花)だ。

 一人寂しくランチタイムを過ごしていたある日、どこからともなくいい匂いが漂ってくる。香りの先には、青山が営む“たこマーク”の移動珈琲店「たこ珈琲」があった。一杯一杯丁寧に淹れる工程と、出来上がった珈琲のおいしさに感動した垣根は、自分の不器用さにしんどさを感じていることを思わず青山に打ち明ける。その日以来、すっかり常連になった垣根は、たびたび仕事上の不満を青山に吐露。「見てる人はちゃんと見てくれます」――その度においしい珈琲と、笑顔で励ます青山の優しい一言に癒されていくのだった。

 そんな折、垣根の要領の悪さにイラ立った部長は、ある取引先の担当を馬場に変えると言い出す。入社当時から担当していたこともあって、絶望感に襲われた垣根は、青山の珈琲を飲んでも気が晴れず…。

■「死にたがり珈琲」

 クレーム対応の電話オペレーターをしている早野美咲(貫地谷しほり)は、心を無にしてただただ謝る毎日を送っていた。ある晴れた休日、美咲が洗濯していると、どこからか珈琲の香りが漂ってくる。「こんな昼下がりは死にたくなる」…穏やかなひと時に反して、ベランダでそんなことを思った美咲。手すりに片足をかけたその時、美咲の目に真下にいる青山の姿が飛び込んでくる。しかも目が合うと笑顔を見せ、驚いた美咲はその拍子に干していたガードルを落としてしまい…。

 恥ずかしさに顔を赤くしながら、美咲は青山のもとへ。お詫びにカフェオレを注文すると、あまりのおいしさに感動。感極まった美咲は、「もう死にたい」と思わずつぶやく。服もガードルもカフェオレもベージュ一色…それはまるで無難なものを選んでしまう自分の人生のようだと卑下する。次の一歩が踏み出せない…そんな美咲を青山は車の助手席に乗せて、突然どこかへ向かって走り出す。青山が向かった先は…。