荒木飛呂彦氏による人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの第6部『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』がテレビアニメ化されることが4日、発表された。主人公・空条徐倫役は、現在放送中のアニメ『トロピカル~ジュ!プリキュア』キュアサマー/夏海まなつ役などで知られるファイルーズあいが務めるが、ネット上では「ファイルーズさん、徐倫に似てる!」「スタンド使いのプリキュアとか最強かよ」などと話題となっている。

【動画】「やれやれだわ」キャラ声も解禁! ジョジョ6部のアニメ化告知動画

 1987年より週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載が始まった荒木飛呂彦氏の原作による『ジョジョの奇妙な冒険』。第1部主人公ジョナサン・ジョースターと敵対するディオ・ブランドーとの因縁から始まるストーリーは、「人間讃歌」をテーマに、善悪を問わず恐怖を克服する精神、困難に立ち向かう勇気が描かれている。

 アニメシリーズでは、2012年よりこれまでに、『ジョジョの奇妙な冒険』『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』『岸辺露伴は動かない』とアニメ制作を展開。今回の原作第6部『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』のアニメ化は、世界中のジョジョファンが熱望していた。

 アニメ化される『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』は、『週刊少年ジャンプ』で1999年~2003年にかけて連載された漫画が原作で、恋人とのドライブ中、交通事故に遭遇した空条徐倫は弁護士と恋人、ロメオにハメられ、15年の刑務所暮らしが確定してしまう。しかし父親、空条承太郎から託された不思議なペンダントを手にした徐倫に変化が起きるというストーリー。

 出演が決まり、ファイルーズは、「『ジョジョの奇妙な冒険』は私が声優を目指したきっかけであり、私の人生にはなくてはならないとても大切な作品なので、出演させて頂けることを知った時はまさに『スタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃』というか…本当に言葉が出てこなくて、12年間追い続けていた夢が叶ったことの喜びで涙が止まりませんでした」と感慨。

 「特に学生時代に、徐倫の強く美しい姿を見てたくさんの勇気をもらっていたので、そんな大好きで1番の憧れである徐倫を演じる機会を頂けて、本当に言葉では形容できないほど感謝の思いでいっぱいです」とし、「空条徐倫は私が今まで出会った中で、世界一勇敢で美しくて強くて愛情深い、素晴らしい人間です。12年前から彼女に対する憧れの気持ちは変わっていません。そんな彼女と一緒に奇妙な冒険ができることが本当に嬉しいですし、私もアフレコを通じて、徐倫のような『スゴ味』を身につけられるように、命を込めて演技させて頂きます」と喜んだ。

 声優を志したきっかけとなった作品に出演し、夢を叶えたファイルーズ。そして、ファン待望のアニメ化にネット上では「ファイルーズさん 夢が叶いましたね! 徐倫への想いを熱く語っていたのを聞いて彼女しかいないと思っていました。期待してます」「ま、マジか!? ストーンオーシャンやってくれるのか」「ファイルーズさん、徐倫とビジュアル似ているから実写化も期待!」「岸辺露伴も実写ドラマ化してたし、これは、ファイルーズさん主演でドラマ化もあるかも!」などと盛り上がっており、ツイッターでは「ジョジョ6部アニメ化」など関連ワードが上位にランクインしている。