1971年4月3日の午後7時30分から第1話がされた『仮面ライダー』。生誕50周年の節目となる4月3日を迎え、『仮面ライダーゴースト』に出演したキャストが祝福のコメントを寄せた。

【写真】懐かしの写真と一緒に『仮面ライダー』50周年を祝福した西銘駿

 仮面ライダーゴースト/天空寺タケル役の西銘駿は「生誕50周年おめでとうございます 長い歴史の中で、命を燃やして戦い抜けた事を誇りに思います」としみじみ。続けて「仮面ライダーは、僕の原点です」と思いを記すと「じゃあ大天空寺に戻ります タケルより」と締めくくっていた。

 仮面ライダースペクター/深海マコト役だった山本涼介は「仮面ライダー50周年おめでとうございます。ライダーであることは永遠に誇りです。これからも生き様見せ続けます」と役柄に合わせたコメント。マコトの妹でカノン役だった工藤美桜も「おめでとうございます! たくさんの方に愛される仮面ライダーという作品に参加できたことうれしく思います。仮面ライダーゴーストが終わった今でもカノンちゃんを好きでいてくれてありがとうございます!」と感謝していた。

 仮面ライダーネクロム/アランを演じた磯村勇斗も「『仮面ライダー50周年』おめでとうございます。歴史あるライダーの一人でいられる事が今でもうれしい。ヒーローはずっと生き続ける」と役柄に合わせてコメントした。