人気グループ・嵐の相葉雅紀が「ニッポンを元気に!!」を合い言葉に、意外と知らない日本の素晴らしさを学びに行くバラエティー番組『相葉マナブ』(毎週日曜 後6:00)。放送9年目に突入した番組が、きょう4日から放送時間を1時間に拡大し、相葉もヤル気満々。いつにも増して元気よく、収録に臨んだが思わぬ展開となった。

【動画】ハライチ15周年祝福!四千頭身ら”ワタナベ芸人”総勢29名が大集合

 放送時間拡大1発目から、まさかの事態が発生することに。春の恒例企画の最新版『第10回!マナブ!タケノコ掘り』で千葉県大多喜町に向かい、この地域でも貴重だという「白たけのこ」を探し始めた相葉。2015年以降、自ら「タケノコ王子」を名乗るほど、類まれなるタケノコ掘りの才能を発揮してきた相葉は、タケノコ掘り初体験の小峠英二(バイきんぐ)にも探し方を伝授しながら、慣れた手つきで掘り進めていく。ところが、そんなタケノコの神に愛される王子・相葉が、いきなり何を思ったのか今回で「タケノコ王子を卒業します!」とタケノコ業界に激震が走る宣言を繰り出すことに。6年にわたって掲げてきた称号を放棄する発言の真意とは? 絶対に見逃せない展開となりそうだ。

 また、視聴者からいただいた投稿レシピを作る人気企画『釜-1グランプリ』もリニューアル。今回から、相葉たちが絶品釜飯を作っては味わい、どれが暫定チャンピオンか決めていく「勝ち抜き方式」を採用する。エントリーしたのは、残り物の肉じゃがを活用する釜飯やカマンベールとサバ缶を和風の味つけにする釜飯など、計4品。「リゾットとシチューの間」「おいしさが爆発している!」「専門店がマネするんじゃないかな」「食材の味がごはんに染み込んでいる」と、相葉たちはどの釜飯も大絶賛。悩みに悩んだ末、相葉たちは一体どの釜飯をNo.1に選ぶのか?