近年の猛暑対策として、作業現場を中心にスポーツやレジャー、園芸といった新たな分野での利用も増え、市場規模が急拡大しているファン付きウェア。アイリスオーヤマは、小型ファンにより服の内部に空気を取り入れられるファン付き『クールウェア』のラインナップを拡充し、新たに全4シリーズを4月12日より順次発売する。

【写真】快適さは一目瞭然!? 夏用作業着と『クールウエア』の比較サーモグラフィー

 腰の位置で取り込んだ空気が、首筋から襟元に抜けるため、猛暑の中でマスク着用や屋外作業、アウトドアでも快適。また、累計販売台数約700万台超の実績を持つ『サーキュレーター』で培った設計技術を応用して開発した小型ファンを搭載したことで、静音かつ安定した稼働が可能となっている。

 今回のラインナップ拡充では、普段使いでも着用しやすいデザインや機能性を追求。従来の長袖とベストタイプのほか、半袖やフード付きのデザインを加えたことで、さらなる利用シーンの拡大や、幅広い利用者を意識している。